変な習慣

大学のとき卒論を書いていたとき。もう参考文献とか集め終わって とにかく考えて書く作業ばっかりの段階の頃。 ゲームをやってからだとはかどるということに気づき、書く前にゲームを1時間くらいする習慣ができました。当時は、三国志だったような気がする …

ギターの弦の好み色々

エレキギターの弦、以前はアーニーボールのスーパースリンキーばかり使っていました。 新しいギターを買ってもすぐ張り替えるくらい。弾いた感じが〝パキッ〟としていて弦も押さえやすかった。カッティングも高域が生えると感じていました。 でも最近はフェ…

過眠地獄変

パニックはほぼ寛解 ここのところパニック障害は寛解になり。 もう新宿の大江戸線のすごい高低差のエスカレーターも怖くないし、地下鉄も映画館もライブハウスも高速道路もOK。(先生、診断名変えてくれないかな) 過眠がメインの問題に ただ、過眠・無気力…

海外ドラマばっかり見ていたら

BSのDLife で海外ドラマを見るようになってから、早3年。。?くらい。 ドラマは45分くらいで一話。対して映画は短くて90分。長く感じて集中して見ていられなくなってしまいました 海外ドラマは、ストーリードラマ形式(ちゃんと毎回話がつながっている) と…

ドビュッシー『子供の領分』を弾く② - 雪は踊っている

Ⅲ 雪は踊っている たぶんこの曲、クラシックで初めて好きになった曲じゃないかなと思います。 中三くらいかな・・? その前に好きだったのはサティ。小四だったのを覚えてます。なので入り口からして近代、印象派なんですね。でもクラシックとか自覚せずに聴…

今年の目標は

最近のピアノ練習ルーティン 電子ピアノの下にマガジンラックが置いてあって。 そこにあるのを弾いているので 大体、 ドビュッシーピアノ曲集音友版 1・2巻 ショパン エチュード op.10 バッハ 平均律クラヴィーア曲集一巻 坂本龍一 all about BTTB それと・…

『子供の領分』を弾く①

Ⅵ ゴリウォーグのケークウォーク ピアノレッスン、「ゴリウォーグのケークウォーク」が次回で仕上げ、という感じです。 『子供の領分』(1908)はドビュッシー後期の入り口です。(特にピアノ曲だと) 本人の作曲スタイルを振り返っていて、しかも中級者くら…

中山康樹『ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄』読了。

スーサイド イズ ペインレス 知ってることも多かったため、意外とささっと読めました。 たぶん Wikipedia とか、昔買ったエヴァンスのコード譜とか。そういうところで断片的に人となりや個人史を読んでいたから・・・かな? この人もご多分にもれず、同時代…

ナムカイ・ノルブ『チベット密教の瞑想法』- 記述に驚く!

原初のヨーガ 永沢哲訳。 ナムカイ・ノルブの著作日本語訳は、10年くらい前に多分数冊・・もしかしたら全部読んだかもしれない。でも当時はわかったようなわからないような感じでした。 この本は手放していたのを、最近再購入。 チベット仏教やそれ以前から…

片眉を剃って山にこもる ( ー`дー ) 空手バカ一代より

発表会から、ピアノの練習の習慣が残ったので。 しかも奇しくもドビュッシー没後100年だったので、このまま2年くらいかけて 音楽の友社のドビュッシー集1・2・4巻をマスターするのを目標をにやってこうと思います ( ー`дー´) (その三冊に好きな曲が多く難易度…

前奏曲『ベルガマスク組曲』練習記⑤ 本番 -俺があいつであいつが俺で!?-

発表おわりました(ギャース!) あの暗黒のリハから一週間。練習を重ねて、 〝正〟の字カウントも200を越え、やっと聴ける水準になりました。 普段見てもらっている先生からも褒めてもらえた感じ。あとは歌い方とかペダルとか表現面。 ペダルの反応が遅くて…

前奏曲『ベルガマスク組曲』練習記④ -地獄の黙示録- (リハで反省)

リハーサル 一回目、会場が寒く、緊張してミスしまくる。びっくりするほどミス連発! せっかくグランドピアノを弾けるから、試そうと思っていたソフトペダルに気を配る余裕がないほど。自分の音を後で聴きたくて、Macで撮影させてもらった。 ドビュッシーの…

前奏曲『ベルガマスク組曲』練習記③ 〜怒りのデスロード〜

いつものやつ 発表とか伴奏とか責任が重い曲のときに、よくやる練習法があります。 単にノートに練習回数を〝正〟の字を書いてくって原始的な方法なのですが、 なぜかこの方がはかどります。 今回の曲の場合はABCDの4パートにわけて練習しています。 数をこ…

I 前奏曲『ベルガマスク組曲』練習記②

今日も今日とてコテンパン 昨日、ピアノレッスン日でした。 昔作曲を習っていた先生からいまはピアノを習っています。 いつもコテンパンにやられて帰ってすぐ寝ちゃいます。 全く怒ったりする先生じゃありません。繰り返しフレーズのまとまりや歌い方につい…

『ベルガマスク組曲』チェキ

完成まで長年要した『ベルガマスク組曲』 ベルガマスク組曲(1891〜1905)ってどんだけ時間かかって作ってるんだろうと思っていたんですけど。紆余曲折あって、しかもどういう順序で作ってたかなど、 内実はよくわかっていないそうです。(『ドビュッシー-作…

曲決定▶︎譜読み期間 練習記①

分相応 発表会用にドビュッシー 『ベルガマスク組曲』から Ⅰ プレリュードを選びました。 理由は。。春っぽい・爽やか・無難 ですね。 www.youtube.com とっつきやすい曲なのにちゃんと取り組んだことがなかったので、よかったです。 最初は『版画』から Ⅲ …

演奏会に出ることになりました 2018

演奏会きた 久々、地元の教室の演奏会の手伝い&演奏をすることになりました。 結構すぐ・・4月です。曲目どうしようか・・? マイメンのドビュッシーか。ブラームスは失敗した経験があるからな・・。 坂本龍一は前回弾いたし、バッハはいいけど、演奏会の後…

セロニアスモンク - Criss Cross

交差する楽しさ ドキュメンタリー映画を見てから、モンク好きになっちゃって。 このアルバムはサックス・ピアノ・ベース・ドラムの四人編成です。 かなり自由度の高いアレンジが効く柔軟性の高い編成ですね。 ドラムが元気で、ミックスバランスも音量大きめ…

冬の悪化&ガバペン顛末記

冬の悪化 ここ3年くらい、冬の悪化がひどいのですが。今年は特に悶絶するようなうつ状態が多いです・・。2ヶ月くらいブログ書けなかったっす。 希死念慮も、通常服薬していればそれほど出ないのが、バッキンバッキンに出ます。 まさに激うつ。 そこで、効果…

『今、ここを生きるー新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道』

ヨンゲイミンゲール・リンポチェ 『今、ここを生きるー新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道』 この邦題。流行ってるマインドフルネスにひっかけて無理やりぶっ込んできたようなタイトルですね・・・ 内容は素晴らしくよかったです! これはよか…

新曲できました! 初音ミク - 歌をひとつ

www.youtube.com www.nicovideo.jp お待ちどうさまです( ºωº ) はい、こんな感じで・・・。冬の曲を作りたくてこの季節に間に合ってよかったです。 曲を作っている最中、リルケの詩集をちょうど読んでいたので、まぁーそのインスピレーションが出ているかな…

グレン・グールド -『ブラームス:間奏曲集,4つのバラード,2つのラプソディ』

沈み込むような演奏 グールドの弾くブラームスは晩年の演奏しか聴いたことがなくて こちらは28歳のとき。1960年の録音と、82年の録音を合わせた日本用のリマスター版のようですね。 デビュー作でハイスピードで駆け抜ける演奏をしたグールドが 静かに沈み込…

ガンプラブーム再燃

二、三ヶ月前 入った立川のカフェにガンプラが飾ってあって、いいなと思ったのがきっかけで ガンプラブームが再燃。(多分第3次くらい)ファーストガンダムのザクから作り始め、実家の押入れを探したら10年くらい前に作ったグフとかも出てきて。 ちょっとず…

体の中の〝空間〟を実感する - 『チベット聖なる音のパワー』

テンジン・ワンギェル・リンポチェ著。 著者はチベットに仏教以前から根づいているボン教の師。ガイドCDつき。 わかりやすい良書 前に同じ著者の本を読んでいて、そちらは結構複雑な瞑想法だったので、途中でやめちゃった・・^^; こちらは立ち読みしていて、…

『Tokyo Melody』 に思う 80年代

Tokyo Melody とは坂本龍一の85年フランス製作のドキュメンタリーフィルム。 これはテレビ用ですね多分、60分くらいだし。 いま考えると Tokyo Melody ってのは、小津安二郎の『東京物語』(1953)Tokyo Story からですよね。YMO散開当時のソロ作品『音楽図…

連邦の白いやつは化物か!(ピアノ的に)

レッスンに通いはじめて、 やっぱ力足りないなと実感しながらピアノを弾いてる毎日ですが 純粋な中級ピアニスト ずっとまごうことなき中級ピアニストのままなのは、練習量が圧倒的に足りないからですw そこはしょうがない、もう諦めてます。自分なりのやり方…

先月のセロニアス・モンク月間に続き・・・

今月は 今月はバッハ月間にしようかと思ってますバッハʅ(‾◡◝)ʃ ・・・えーと。 まあ、せっかく「パルティータ」も弾いてるしね。 いままでに好きな・・心のベストテンはですね。 ・マタイ受難曲 BWV244 ・無伴奏チェロ組曲(特に4番の〝ジーグ〟) BWV1007…

【映画】 映像と音について問う ゴダール - 『東風』(1969)を見る

ゴダール映画、ちゃんと見たのは実に13年ぶりくらいです。好きな作品は『気狂いピエロ』と『アルファヴィル』です。60年代の作品が好きです。 『東風』は見ながら、文章を書いてます。 なんなのこの映画(相変わらず) もう50年近く昔の映画。 この当時のゴ…

いやぁ オケってほんとうにいいもんですね! ラヴェル - 「クープランの墓」

和声を習ってた高校〜大学の頃は、4声で課題を習うのもあって。 クラシックはCDで、弦楽四重奏ばっかり聴いてました。 田舎に住んでたから、オーケストラのコンサートなんて近くじゃ見れないですし。 そんな中で、「あれ?オケっていいもんだな」思わせてく…

【映画】「 セロニアス・モンク - ストレート・ノー・チェイサー 」を見る

監督はクリント・イーストウッド。1988年作品。日本では劇場公開はされていません。 記録を編集して描く人間性 全体的に白黒が多いと言えど、記録映像が古くさく感じなくて、リアルなものに見えました。 モンクの帽子遍歴と、あの独特な奏法と鼻歌?・・うめ…