読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

〜 bosats のピアノラボ〜

芥川龍之介「歯車」(1927)に音楽をつける試み

うちの社長と相談の上、かつての名作に音楽をつけるシリーズをやろうということになりまして、この作品がパッと浮かんだので、再読してみたのですが。 今日的! すごいのは、今読んでも仮名づかい言葉の言い回しを除くと、全く今の話としても読めるというこ…

今年は作曲をやります

原点に帰って 原点に帰って今年は曲作りをやっていこうと思っています。歌モノ・インスト問わず。ここ1年はリハビリ的にピアノを弾いてきたので。 おかげでそこそこ弾けるようになってきました。 なので、ピアノ曲も今なら作れるな!と思ってますので、イン…

【コード総論】縦に見るとコード 横に見るとモード

前も触れたことがあるんですが。 改めて、少し書きたいと思います。 コード、せっかく覚えたんだし リードシート*1などを読むためには、コード楽器の場合とくにコードがわかることが大前提になっています。 なので、せっかくコードを覚えたのだし、これをス…

【ピアノの思考】ルールとプレイの発想

安全域 「コード」をweblioで引くと・・・ > (体系だった)符号、記号、コード、暗号、信号、(ある階級・学校・団体・同業者などの体系のある)規約、規則、規定、慣例、法典 音楽上のコードも、僕は規則とか枠組みと捉えています。 なので、コードトーンをア…

【ピアノの思考】飽きる練習こそ楽に取り組もう 🎹

パッとやめる 内容を分割して、あるサイクルで練習していかないと追いつかない教本があったとします。 (例えば僕の場合、今は『ジャズ・インヴェンション』がそうです。) 個人差があると思いますが、 自分の実力以上の練習量はもちろん。実力と同等の練習…

【ピアノの思考】コードは友達さ!⚽️

とりあえずコードトーンで いわゆる黒本などの、曲集。リードシートに表記してあるコードは、 アドリブの入り口。 このコードトーンを右手で弾いているだけでも、アドリブになるくらいです。 単に左手で押さえているコードを右手に置き換えたり、分散させた…

【ピアノの思考】左手のヴォイシング問題その③ (4和音まで)

お久しぶりの激論左手問題です(笑) 4和音までにしている理由 あくまで私の考え方ですが 左手で弾く和音を4和音までに制限しています。(特にセッションなどバンド・アンサンブルのケース) すぐ思い浮かぶ、ふたつの理由があります。 ・9th以上の音を低音…

【ピアノの思考】ミスは必然的なプロセス

ミスタッチは敵ではない 普通に譜読みをして弾く場合にも、即興する上でも、ミスはどうしても起こります。 それを気にして、演奏が縮こまってしまうということを私も何度も経験しています。 でも今では、それは必然のように思えるようになりました。 本番で…

【ピアノの思考】弾いている最中は理屈を意識していない

演奏中は考えていない! この前のAm一発動画を作って、気づいたのは。 弾いている時、スケールがどうとかほぼ考えていないということでした。 後付けで解説という形になりましたが、たぶん、それでいいのだと思います。 理論的なことは、落ち着いているとき…

【ピアノの思考】練習の目的別アプローチ!(威勢がいい)

ライブ前の練習メニューの組み方 今年の年末にライブがあります。その際、キーがAメジャーの曲があったとしましょう。 そしたら、そこから逆算して練習を組むことがあります。 ・目標曲 → それと同じキーの練習になる曲 → カスタム基礎練 こんなふうに 全調…

【ピアノの思考】Am 一発! 解説

セッションのウォーミングアップ www.youtube.com Am 一発は、よくセッションのウォーミングアップに使われます。 みんなでとりあえず息を合わせようという感じです。 ここでは無計画でやっていますが、Amだけでも、かなり幅広いアドリブができます。 やって…

【ピアノの思考】自分でチェックする耳を持つ

理論より耳 スケールを覚えて、「このコードの時はこのスケールとこのスケールが使える」とか、「この時この音は11thになるから〜」など。 また、コードバッキングの際「左手のルートはキープしつつ右手はⅡ - Ⅴのコードを弾いているんだ」と言った理論面から…

ミックスドマテリアルミュージック(MMM)的発想

また歌モノをあげてみて 下手でも歌歌ったなら、声部の扱いに敏感になりますし。 ベース弾いたらベースラインが聴こえてきますよね。リズム感も変わるし。 それが自分で時々考えてる総合格闘技(MMA)からくる 総合音楽的発想ですね。ミックスドマテリアル・…

ドラムレスも意外におもしろい

ドラムレス→クリックなし 最近自分で動画を撮る機会が多いので、室内だとどうしても音量を抑えなきゃいけないので、ドラムレスになります。人の協力も要りますし。 最初はリズムマシンを使ったり、 ドラムのトラックだけ打ち込みで作って流そうかと思ってい…

【ピアノの思考】現実逃避型サーキュレーションエクササイズ

現実逃避の旅 これは5年前くらいから取り入れているのですが、 まずピアノを練習します。で、飽きてきてもうやだなと思い始めたら、ギター練にチェンジ。 それにも飽きてきたらベース練にチェンジというその循環が習慣になってしまいました。 これで、それ…

動画を上げる効能

録って上げてみて・・ 演奏録って出しをよくやっていますが、その効能について。 後で見ると、「うわぁ、下手ー・・⤵︎」というふうにミスとかマイナスの面に目が いくのですが、それでも客観視して身のほどを知るというのに役立っています。 これもまた、い…

セッションで持ち帰るもの

怨念 ほぼ初見でセッションに出て、ミスが多かったりすると ▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ ってなりますね! 僕は、何が一番引っかかるって左手ヴォイシング問題ですよ。コードをちゃんと把握してないと確実にここでつまずきます。 ちくしょう、ち…

Q.ギターにはあるのに、ピアノにはない習慣ってなーんだ?

A. 初心者からコードを覚えることさ!!! ギター、特にアコースティック・エレクトリックのポップス寄りの楽器だと、 自然とコードを覚えるのが、初心者の入り口になっていますよね。 それで歌の弾き語りなんぞする人にはもってこい。また即興するにももっ…

【基礎練の考え方】自分でメニューを組んで練習する

最近、また『ハノン』を弾くことが増えました。 私はこの教本を使い出すのが遅く。苦行のように弾いていたので、この楽譜がとても嫌いでした。 この本は大まかに三部構成になっています。 1.基礎的な指の動き 2.スケールとアルペジオ 3.高度なテクニック の…

習得の優先順位についてその②

今回は、いま手探りで考えていることです。 ジャズ(クラシックも同じく)曲のコアになるといわれている Ⅱ - Ⅴ(トゥーファイブ)の進行があります。 キーがメジャーの場合。それぞれのコードに対応したモードはドリアンとミクソリディアン。 だったら、まず…

話し言葉の音楽

現在、講座内でもなるべく譜面を使わずにコミュニケーションを取ろうと思っています。 楽譜から即興へというテーマには 〈書く・読む〉音楽から〈話す・聴く〉音楽へという側面があるからです。 譜面(特におたまじゃやくしの方)を読むと、どうしてもひとつ…

適当弾きのひみつ

先日録りましたラジオのオープニングで弾いているのは、全くのでまかせ即興です。 www.youtube.com 指の感覚だけで弾いていて、コードも書いていません。弾いていくうちに「終わりはE♭△7にしよう」とだけ考えました。 こういうのは出たとこ勝負なのです。出…

目コピのススメ

今回は練習 - 観察法のお話です。 〈目コピとは〉 ・好きなミュージシャンの映像をチェック ・徹底的に好きな曲の手の動きを観察する(ポジション・奏法・フレーズ) ・真似て弾きまくる ➡︎ できれば曲ごとコピる これだけで尊敬するミュージシャンの一部が…

【ピアノの】習得の優先順位について【思考】

スケールを覚えたり、コードを覚えたり 基礎練でも、あらゆることに言えるのですが こっちを先に覚えたほうが、あるいは練習したほうが楽という手順が あるように思います。 そこの経験則を個人講座ではなるべく盛り込みたいところです。 その手順を外れると…

【ピアノの思考】左手のヴォイシングその② (楽で好みのフォームを選ぶ)

前回、和音の省略形 コードの構成音〈1 5〉 〈1 5 7〉 〈1 7〉 によるヴォイシングを取り上げました。 bosatstan.hatenablog.com その他あらゆるバリエーションがあります。 ・クラシックのワルツのような形 ➡︎ ベース音の後 コードを弾く ・ベースラインを…

当て勘のススメ

即興に限らず、作曲・譜読みにいたるまで、音楽的当て勘は とても大事だと思っています。 その〈理由〉は ・即興はでまかせから次第に、秩序だてていくような性質がある(カオスからコスモスへ) ・記憶中の音の再現を可能にする ・聴いて反応する瞬発力がつ…

【ピアノの思考】左手のヴォイシング

www.youtube.com ジャズなどの即興。ソロを取るときにぶちあたる難問。〝左手問題〟に取り組んでみました。 ピアノは他のリード楽器のように、ソロのフレーズのみを弾けばよいのではなく。 同時に左手でコードバッキングをします。 そのため常に「次、コード…

【基礎練の考え方】 いかに練習しないかを念頭に置く

僕は目的に向かって練習をがんばって、その後燃え尽きた経験が何度もあります。 目的が達成されたり、またうまくいかない状況が続くと練習がいやになってしまうのですね・・。 発表会・ライブなど特別なときを除いた日常の練習は、無理のない範囲に収めまし…

これからの音色の話をしよう その①エレピ編

今回はエレクトリックピアノ(エレピ)の音色、その特徴について 3つの代表的なエレクトリックピアノを、その音色を味わえる名曲と共に紹介していきます。 〈ウーリッツァー〉 通称ウーリー。アンサンブルで音抜けのよい個性派! 音の立ち上がりが早くバン…

時間の制約もあるので結局エッセンス練習になる私

元来の練習嫌いもあり、ましてながら練習のできないピアノ練。 そして今インストラクターの訓練もし、慣れないジャズスタンダードを覚えなきゃならない状況にあり、曲作りもあるのでと時間に制約がある中、体調も悪かったりすると段々基礎練しなくなってきて…

〝弾きわけのいい人〟になってみよう

僕はピアノを始めたのが小学校3年生でした。大して突出した才能もなく、「ピアノつまんね(・̆⍛・̆)」モードになっていました。それでもなんとかダラダラと続けていたのです。中学に入ったあたりで坂本龍一さん、教授の音楽に触れてピアノへのモチベーションが…

【スポンサーリンク】