読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

- bosats のピアノラボ -

見る・読む

スティーブン・ランクトン - 『願いをかなえる自己催眠-人生に変化を引き起こす9つのツール』(2013)

催眠関係の本は当たり外れが大きくて、ほとんど期待せずにたまたまブックオフで立ち読みしていたら、 これは何か引っかかる部分があって買って読んでみました。 現代催眠の父、ミルトン・エリクソンの弟子筋に当たる、スティーブン・ランクトン著。 チャンキ…

【映画】黒沢清 『アカルイミライ』(2003)

アカルイミライ - Wikipedia ↑これのあらすじだけで、ほぼネタバレになってますね(^^;; なんだかなー 久しぶりにYouTubeのレンタルで見たのですが、今回で2度目。ちょっと印象が違いました。まず、主役のオダギリジョーと、藤竜也の衣装や髪型がアートっぽ…

【シリーズ 心 】アルボムッレ・スマナサーラ 『気づいたら・・・もう「幸福」になっていた!』

初期仏教の日本での伝道者。 スマナサーラ長老の本はもう相当・・、20冊くらいは読んでるんじゃないのかな。 10年以上のお付き合いですね(笑) また出版された本の量が凄いんだ。 ネットでの質問にも丁寧に答えていただいた思い出があります。 今回は、メモ…

【シリーズ 心の駄話】あけましておめでニーチェ

本年もどうぞよろしくお願い致します さて!先日、ブックオフで掘り出し物の譜面がないかチェックしていたのですが、 大型本コーナーにあるので、偶然その近くで『好きなことだけして生きる』(PHP)というコンビニで売っているようなムックを見つけました。…

デイヴィッド・イーグルマン『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』

これは面白い!・・・けど、洋書にありがちな論点がガンガン変わる例の感じの本なので、読みづらい! 日本の書籍はおそらく、編集者が「少ない論点に集約するように書きましょうね」って指導してるんじゃないですかね。。 ガンガン変わるってビバップか!と…

【くだらな映画】ファイナルデスティネーションシリーズ

時間泥棒! 夜中にまた見ちゃいましたよ。残酷・残忍・不謹慎! くだらなすぎる!けど見ちゃう。 〝ピタゴラスイッチの要領で人が死ぬ映画〟というこの一行で説明のつく映画! 大の大人が制作費使ってなんだこのくだらなさは! 「大体人間なんてものは、生ま…

【映画】サボタージュ(2014)

意外! シュワちゃん主演なので、「コマンドーみたいなバッカンバッカン人殺すメチャクチャな映画じゃないの?」思ってみたら、意外にもどんでん返しありの苦味・渋みのある映画でした。(バッカンバッカン人殺すのは変わってない) 今回この記事では、あま…

サミュエル・ベケット『ゴドーを待ちながら』

白水社の新書版です。安堂信也・高橋康也訳。 サミュエル・ベケット略歴を見るとうつ病歴があるようですね。(作家あるある) 映画「シャイニング」の親父じゃないですけど、孤独な作業をずっと続けているとおかしくなるってことはよくあるみたいですね。単…

奥田民生 『ラーメン カレー ミュージック』

おっかしいな? ソロ活動20周年記念。その振り返りような本です。 私は子供の頃から、奥田民生ファンだったはずが この本は個人的にはあまり響きませんでした。ザーッと読み飛ばしてしまった。 感情的に引っかからずに、あれ?おっかしいなーという感じ。…

田島貴男 『ポップスの作り方』

とても面白くて読んでよかったなーと言う感慨が残りました。 ハイスピード読了。オリジナルラブの田島貴男さん、初の著書です。 尊敬するギタリスト まず、こんなに田島貴男さんがニューウェーブ好きだとは知らなかった。 世代的にはドンピシャのはずだけど…

立林 淳 『舌根をやわらかくすると高い声が楽に出せる』

楽で自然がすべて 高音発声 =「ミックスボイス」(ミドルボイス)の獲得を目的とした本です。 そのためには喉の脱力が大きなキーワードになっており、「楽で自然」な発声が繰り返し強調されています。「楽で自然がすべて」という発想です。 それに基づいて…

【入門に最適】春畑セロリ『これなら弾ける!!ジャズピアノ』

自分で講座をやると決まってから、たぶんジャズピアノの本は10数冊は読んだり、弾いたりしたと思うのですが、そのなかでは入門に最適です。 ・あらゆるヴォイシングに触れている ・ブルース、ジャズ、ボサノヴァなど一通りのグルーヴが学べる ・後半でアドリ…

青柳いづみこ 『指先から感じるドビュッシー』

ドビュッシー(1862〜1918)の個人史に触れながら、著者のピアニストとしての個人史にも触れて、実際のピアノ曲の技術解説にまで至るという。伝記+エッセイ+技術指南的一冊です。 ドビュッシーはパリ国立高等音楽院に入っているくらいだからエリートなので…

デレク・ベイリー 『インプロヴィゼーション ー即興演奏の彼方へー』(1981)

最初はベイリーの個人的な考え方の本かと思って買ったのですが、かなり情報量も多いし、即興の音楽史ともいえる学究的な本でした。(インド音楽からバロック音楽・ジャズ・ロック・現代音楽 etc...) 印象的だったのは 第7章 ジャズ の項目。 スティーヴ・レ…

【何度見ても腑に落ちない】メタフィジカルぼんやり映画 黒沢清 - 『回路』(2002)

※今回もネタバレ全開でお送りします 昨晩見直しました! これはもう、3〜4回は見ているのですが、いまだに ホラー映画ですらないように見える作品。 〈理由〉 ・リアリティラインがどこにあるのかわからない(ご都合主義・ぼんやりした舞台設定) ・死の世界…

【最高のじいちゃん映画】クリントイーストウッド 「グラントリノ」

アマゾンプライムビデオで、よく見ていなかった映画を見てるのですが 「グラントリノ」(2008)は最高のじいちゃん映画だと思いました。 ・悲劇ともハッピーエンドともとれるのいいラスト ・痛みと邂逅というテーマ ・小津安二郎「東京物語」(1953)のよう…

【In Time】メイシオ・パーカーライブ【Get up!】

7/19 Billboard 東京のメイシオ・パーカーライブは、過去のブラックミュージックのヒーロー達に敬意を払ったライブでした。 なんと最初の一曲目が、ぼくが敬愛するスライストーンの In Time でした! www.youtube.com パーカーのMCで〝Sly & The Family Ston…

〈読書〉佐久間 正英 - 『直伝指導!実力派プレイヤーへの指標』

2014年に亡くなった佐久間正英さんの著書、グレイやジュディ&マリー、個人的にはくるりの初期プロデューサーとして印象的な人です。 通い先の先生と個別セッションで話していたとき少し話題に上ったので、自分の講座作りの参考に読んでみました。 『直伝指導…

〈映画〉山田洋次監督『母と暮らせば』見てきました

公式です↓ hahatokuraseba.jp 映画館に『進撃の巨人後編』を見て依頼数ヶ月ぶりに行って見てきました! 感想:ネタバレ要素含みます 43ボサツポイント(100点満点で) 原爆で息子を失なった、母と幽霊となって現れる息子との対話劇。悲惨な現実の中で息子の…

モード攻略への道 ざっくりと

基礎練編を一通り弾いて、だいぶ馴染んできたのでモード編を買ってみました。 一生使えるギター基礎トレ本 モード徹底攻略編 モーダルなソロを弾くためのデイリー・トレーニング集 (CD2枚付) 作者: 渡辺具義 出版社/メーカー: リットーミュージック 発売日: …

【スポンサーリンク】