One day coming

bosats の音楽ノート

激しく揺さぶられる

ここ2日くらい遺書を書きたくなるくらい希死念慮が酷く。

にもかかわらず急にその感情が引いたりし、今までの人生で経験したありとあらゆる

感情と記憶が出てくるといっていいくらい。泣き笑い状態です。

 

ここまで分単位のように激しい波が出た事はないので、今までそれほど人に愚痴ったりできなかったのが今は友人にLINEで泣き言を言っています。

 

一度療法士の先生に相談したときも、「プログラムの書き換えには時間がかかり、これまで何年も苦しんできた問題がそう短期間でいっきには解決しないから一月は待ってください」と、丁寧に解説していただきました。

 

今死んだら、ただ苦しかっただけの人生で終わってしまうので、なんとか少しでも時間を稼いで生きたいです。

 

セッション終了後の殴られたような衝撃こそなくなったけど、ぼやっとした感じはどこかで続いていて、忘れ物と遅刻が増えてしまいました。

いままで不安感が強すぎて、忘れ物ってほとんどしたことがなかった。遅刻も同じで強迫的に時間前に待ち合わせ場所に行っていた。それが緩和されて、いい加減になってきている。その代わりに愚痴や泣き言も出るし、なんとなく雑な人になっている気もします。

 

死にたいときほど、ある意味活発になるのがぼくのパターンなので、何かしら年内に曲を上げられたらいいなとは思います。