One day coming

bosats の音楽ノート

感動的なブログを見つけました

とてもよいブログを見つけました。

ぼくも経験したようなことが多く、読んでいて泣きそうになります。

社会不安障害と向き合う」http://pax.moo.jp/sadjournal/

 

大学生の頃ゼミの発表などで異常に緊張したり、サークルなどでは

人前での演奏もまともにできなかった。

でもそれを人に言ったりできなかった。「異常さ」や「変人である」ことを

認めるようで怖かった。明るく強く振る舞いたかったのです。

弱さを認めたり、自分を許すことができなかった。

 

パニック障害になってからも、曝露療法で発作を起こすたびにうつに

なって自分を責めました。発作を起こすことを「生き恥」だと思っていたし

こんなものを抱えて生まれてきたことを恥じたし、自分に死ねと繰り返し言い続けて

いました。未だに自分の周りでおこる物事を大方悪く受け取ってしまいます。

 

しかし今やっと色々な人の助けを借り、自分を許すことが

できるようになってきています。