読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興ピアノで自由になる

〜楽譜から即興へ〜 即興ピアノラボ

無気力の問題その1

不安とASD

デパスで急に動けるようになるパターンは

kyupin先生のブログのカタトニアの話にある程度似ている。

 

ただ飲む量が少なくて済んでいるだけで、より重篤になればカタトニアに

近づくと思う。無気力・過眠と動けない感じが特に抗うつ薬服用初期には強く出る。

 

1ヶ月〜2週間前まではそこそこ良い日もあったが今は動けなさがかなりひどい。

ジェイゾロフトを増やし、最初はそれで意欲が高まったように感じたが

それが頭打ちになり、またかえって抑制されているようでもある。

 

使えなかった薬を処分していって残ったのは

ジェイゾロフトアナフラニールアモキサンくらいだ。

一番有望なのはアモキサンで、気分は良くなる気がする。しかし過眠を強める

上それほど動けるようにならない。アナフラニールもある程度似たようなもの

なので、手詰まりでかなり失意の中にある。

 

デパスは飲んでもせいぜい1日0・5mg程度なので、“デパ中”覚悟で

増やすというのも動くためには仕やむをえないかもしれない。

ある知り合いの人は1.5mgか3mかわからないが、うつで処方されたデパスを長年毎日飲んでいるためもう効いているのかいないのかもわからない。ただ習慣で飲んでいると言っていた。

 

代替的な手があればより良いのだが。。でも今は贅沢言っていられない。

【スポンサーリンク】