読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

〜 bosats のピアノラボ〜

Red Curve

レイ・ハラカミの代表作。この人の和声感は独特だ。

ジャズ・ブルース的なクロマティックな面と4度5度などの空虚感を混ぜ合わせた感じ。似たスタンスのDE DE MOUSE と実は和声感はかなり違う。

 

デデさんを陽とすると比較的ハラカミさんは陰の部分が大きく聴こえる。暗いという意味じゃなく・・。空虚感と翳りが表現のコアになっているように個人的には思う。和な雰囲気もそこら辺から、ある種の幽玄さにつながっているのかもしれない。タイトル曲の Red Curb なんて相当複雑だし、どこか陰なポップさというのもあるんだと思わされる。

 

Red Curb

Red Curb

 

 


Rei Harakami - Cape - YouTube

【スポンサーリンク】