読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

〜 bosats のピアノラボ〜

動的イメージと瞑想

すっかり精神世界の覚え書きみたいになってますけど、ほんとは音楽についてももっと書きたいのですよ。

 

また引用・・最近は以下の方法を訓練しています。なので慈悲の瞑想と禅的な瞑想が主です。このシンプルな方法もとてもやりがいがあります。

 

自分のからだをカラッポな一つの容器と思いなし、吸気と共に下から水が入ってくるのをイメージする。むろん宇宙から、脳天を通って入ってくると想ってもいいだろう。喫水線が一気に脳天まで上がるのだ。吐く息は、今度は喫水線が徐々に下がってくるイメージで吐いていく。(75頁) 


意識を何かに集めて坐っていると、やがてからだの一点にあった意識が、一点にありながら全身にゆきわたっていくような感覚を覚えるはずである。そこからが「坐禅」なのだと想う。(77頁) —『実践!「元気禅」のすすめ』

 

実践!「元気禅」のすすめ (宝島社文庫)

実践!「元気禅」のすすめ (宝島社文庫)

 

 

 

 

【スポンサーリンク】