One day coming

bosats の音楽ノート

コーヒーラブその1

ブログで何を書くか模索中です…
コーヒー依存性なので、コーヒーについて書きたいと思います。
 
ぼく個人は圧倒的にブラック党であります(*'∀'*)ゝ
 
 
今回は「ジョージア European 香るブラック 猿田彦珈琲監修」(名前長いな)
 
味はマイルド、苦味は強くありません。サッパリとした後味、うっすら酸味あり。
 
その酸味が香りの特徴になっていますが、主張は強くありません。
 
コンビニなどでほぼマストで買い、部屋に常備してあります。飲みやすさと飽きのこなさがそうさせるように思います。
 
アイスなど甘いものとの相性も良いので、チョコミントアイスを食べながら飲んだりもします。
 
 
公式サイト
 
「追い求めているのはマウスフィールの心地よさ」とのことで、つまり…そういうことですな! (どういうことだ)
 

 

 

 

 

 
飲みながら聴く音楽はマイルドで憂いを帯びたジェイムス・ブレイクLindisfarne で!
 
Lindisfarne は地名ですが、聖書にも関連する象徴的な意味がありそうです。
 
 
 
 

James Blake

James Blake