読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興ピアノで自由になる

〜楽譜から即興へ〜 即興ピアノラボ

うつ病治療と「Panoply」

不安とASD

うつ病治療にP2Pネットワークの技術を応用するという記事

 

wired.jp

Panoplyは、こうした患者たちの多くにとって悩みの種である「適切でない思考パターン」の対処に役立てようと設計されている。

 

どういった思考パターンかというと、例えば「全か無かの思考(二分法的思考法)」や「過度の一般化」、「他人の気持ちがわかると思い込むこと」、「将来を悲観的に予測する『破局化思考』」などだ。

 

認知療法でいうところの、「認知の歪み」に対処する作りになっているようです。

 
みんなで認知の歪みを直す

ネットワークに参加したメンバーは、Panoplyを利用して、適切でない思考が起きるきっかけとなった出来事を再解釈するさまざまな方法を考案した。

 

言ってみれば、みんなで認知の歪みを客観的に見直していく試みです。ソーシャルゲームのような感じで、自分の苦しみを緩和でき、人に対する思いやりも育める。

 

個人的に昔からゲームにとても期待しています。うつや不安を治療するゲームとかぜひやってもらいたい。あまり動けないときにゲームは最適ですからね。元々うつや不安を患う人との親和性が高い!

 

f:id:bosatstan:20150521155955j:image

 

bosatstan.hatenablog.com

bosatstan.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】