One day coming

bosats の音楽ノート

『ただ、それだけ- セイラー・ボブ・アダムソンの生涯と教え』

カリヤニ・ローリー著 高木悠鼓訳

精神世界系ではひさしぶりに面白い本に出会ったなと思いました。伝記ものはミルトン・エリクソンの本以来、真剣に通読。


インドの伝統的な流派の呼び名だとアドヴァイタ(不二一元論)に分類されるようですが、本人は特にそこを強調しているわけではない。

アルコール依存症の治療のために瞑想などの修行をはじめ、ニサルガダッタ・マハラジを師としてインドに滞在して、道を得る。その後故郷のオーストラリアに戻ってからはAA(依存症の自助団体)の仲間を中心に教えを伝えたという人です。現在も週3で集まりを開いているようです。


教えの骨子は、本質(悟り・真我・空など)を、人は生れながらにすでに持っている。それ自体である。それは思考を通しては決して理解することができない。「私」は思考・心でもなければ体でもない。といったもの。
著名なラマナ・マハルシの孫弟子にあたるのかな・・。チベット仏教の〝ゾクチェン〟ともかなり類似しています。

到達すべきものは何もなく、あるがままですでにそれである。だから、瞑想なども特別推奨しない、ただその本質への気づきをうながすだけ。それだけなのです。


ただそれだけ―セイラー・ボブ・アダムソンの生涯と教え

ただそれだけ―セイラー・ボブ・アダムソンの生涯と教え

  • 作者: カリヤニ・ローリー,高木悠鼓
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る



bosatstan.hatenablog.com

bosatstan.hatenablog.com