One day coming

bosats の音楽ノート

【輝きの】ウェーベルン弾こうか【音楽】

独自の名曲アルバム

 

講座を持つからには、色々名曲も弾いとくか!と思い立ち、昔は弾かなかったような曲も弾いたりしております。

 

ショパンとかね・・。ベタだな!みんな弾いてるからいいやと思って避けてきたのですが、今は好きになりました。革命のエチュードop.10で、左手の練習をやったり、黒鍵のエチュードで黒鍵に慣れたり。曲が綺麗な上に合理的な練習法でもあるのですね、知らなかったよ😀(いまさら!)

 

おれはブラームス派だからとか思い込んで、確実に損してたよ・・。

 

で、去年の末からストラヴィンスキーの「ペトローシュカ」とかサティの曲集とか、昔好きだったけど弾けていないシリーズの譜面を買ったりしています。結構いけんじゃん?とか思いつつ弾いてますが、次はウェーベルンいっとくかと思いつきまして。

 

ウェーベルン遍歴

 

僕は坂本教授が好きで作曲を始めたので。教授もウェーベルン好きで、(確か『愛の悪魔』のライナーノーツで半野喜弘さんとの対話の中で出ていたと思います。)

その影響で高校〜大学時代に、結構聴いていました。『愛の悪魔』も『B-2Unit』と並び教授のダークサイドを代表していて、好きでした。現在の僕のホラー映画好きにも通じるものがありますね😅

 

あの鋭くて不安な楽曲群は、演奏面にも作曲面にも意外性をくれるように思います。違う着眼点・発想をもらえる感じがするのです。鋭利で、独特の輝きがあるような音楽ですよね・・。そんな感じで研究してきます💨 😃👐

 

www.youtube.com

 

ヴェーベルン ピアノ作品全集

ヴェーベルン ピアノ作品全集

 

 

bosatstan.hatenablog.com