読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

- bosats のピアノラボ -

【ピアニストの】ブルース進行でのバッキングその1【ネタ張】

www.youtube.com

 

コード進行はこんな感じ
C7 F7 C7
G7 F7 C7

 

典型的なブルースの進行です。

 

最初の導入フレーズは〝ターンアラウンド〟といって
ブルースでドミナント(盛り上がりコード、この場合G7)の前によく出てくるキメのフレーズです。

 

【右手】各コードの第三音 Cならミの♭がナチュラルのミに
滑り落ちる感じで弾いています。これが〝ブルーノート〟というやつで、ブルースの肝です。

 

このようにガタッっとずらす奏法をクラッシュノートとも呼びます。ブルースだけでなくあらゆる音楽のスタイルで多用しますので、重要です。

 

【左手】各コードのルート音+5度➡︎ルート+6度の交代です。
Cならドソ➡︎ドラですね!
こちらもブルースで多用します。

ブルースになじみがなく、この動画で目コピできる方は試してみてください👐😎

【スポンサーリンク】