読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興ピアノで自由になる

〜楽譜から即興へ〜 即興ピアノラボ

【In Time】メイシオ・パーカーライブ【Get up!】

聴く 見る・読む

 


7/19 Billboard 東京のメイシオ・パーカーライブは、過去のブラックミュージックのヒーロー達に敬意を払ったライブでした。

 


なんと最初の一曲目が、ぼくが敬愛するスライストーンの In Time でした!

 

www.youtube.com

 

パーカーのMCで〝Sly & The Family Stone . In time ! 〟と言われてウワッととびっくりしました。しかし始まったら原型をあまりとどめていない(笑)

 

アレンジで彼らのオリジナルスタイルになっている。

 

常にソロを取るプレイヤーが変わり、見せ場がそれぞれに回っていくしくみを採用していました。ファンクという音楽に重要な〝ユニティ〟(結束)という考え方があるような気がしました。

 

ソウルミュージックのスター、Marvin Gaye の曲ではギタリストを大々的にフューチャー。

 

また、MCではP-funk のジョージ・クリントンの名も聞き取れました。

 

コーラスの女性をフューチャーした曲もものすごくパワフル・ソウルフルでした。踊りもスゴイ、身体に表れるものが、ビートの感覚そのもの。

 

ぼくはいままで、相当ソウル・ファンクを聴いてきたのにも関わらず、曲目があまり判別できなかったのは、やはりオリジナルのアレンジになっているためだと思います。

 

スライの Higher のような曲もやっていました。

 

www.youtube.com

 

ラストはJBの〝Get up〟ってフレーズが入った曲、オリジナル曲にフレーズ引用していたのかJBの曲なのか不明。というよりそんな細かいことはどうでもいい(笑)盛り上がるから!

 

www.youtube.com

 

鍵盤の人は、ファンクだけあってパラディドル奏法を多用。左手は88鍵のピアノ仕様のキーボードでエレピなどを

 

右手は Nord Electro を弾いていたような記憶があります。右手はオルガンでパターンが多かったように思います。オルガンはクールなサウンドで、タイム感ばっちり、このバンドでは職人的な位置でした。

 

 

Billboard お客さんは年齢層も幅広く。落ち着いた雰囲気の良さと、ノリノリの感じを両立したよいバランス。

 

 

この編成、セットリストに結構似た感じでやっていましたね。

 

www.youtube.com

 

 

グルーヴの中で良い時間を過ごさせてもらいました!

 

 

Mo Roots

Mo Roots

 

 

【スポンサーリンク】