【ピアノの思考】左手のヴォイシング

www.youtube.com

 

ジャズなどの即興。ソロを取るときにぶちあたる難問。〝左手問題〟に取り組んでみました。

 

ピアノは他のリード楽器のように、ソロのフレーズのみを弾けばよいのではなく。

同時に左手でコードバッキングをします。

 

そのため常に「次、コード何だっけ?」というような迷いが生じます。

私は、左手に引っ張られて右手のソロが追いつかないということを何度も経験しました。

 

この永遠の(?)深いテーマ

 

 

その解決法として。

 

まずは教本にもよく出てくる。コードの 1-5   1-7  1-5-7  の取り方を紹介しています。省略形・簡易化と、この動画では名付けています。

 

色々な押さえ方ができますが、右手と合わせトータルでコード感が出せればOKと考えています。  

 

ここに出てくるヴォイシングだけでも、かなりソロをとるときに有効です。

2音でも効果的にそのコードのかなめの音を押さえています。

 

 

f:id:bosatstan:20160905143630j:plain