読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興ピアノで自由になる

〜楽譜から即興へ〜 即興ピアノラボ

【スケール攻略】ドリアン

コード・スケール攻略

※スケールの話は奥が深く難しいので、理論に苦手意識がある方は、

理屈の部分は飛ばし読みしつつ、お読みください。

 

ドリアンは浮遊感を持ったスケール(モード)です。

 

まずはこのモードを使った実例をいくつか取り上げます。

実際のサウンドを聴いてみましょう。

 

 

サイモン&ガーファンクル  スカボロフェア

www.youtube.com

 

 

エリックサティ ジムノペディ 1番 の後半部

www.youtube.com

 

マイルス・ディヴィス So What 

www.youtube.com

 

 

ドリアンは、ダイアトニックコードのII度の和音 

KeyC の場合 Dm に対応しています ➡︎ Dドリアン

 

この場合 ファ レ です

 

 

ミクソリディアンが◯7=ドミナント7

ダイアトニックコード上ではV7 にマッチしたのに対して

 

IIm の構成音を含んでいます。

(例えばDm7の構成音は レ ファ ラ ド

 

それはそれとして(笑)特有の響きを把握して実際の演奏で使ってみましょう。

 

この【スケール攻略】で取り上げているモードというもの。実は ドレミファソラシド をひっくり返しているだけなのです。

 

➡︎ レミファソラシドレ(Dドリアン) ミファソラシドレミ(Eフリジアン) ソラシドレミファソ(Gミクソリディアン)etc....

 

 

ただ切り口が違うだけなのに、各々特有の響きや性格を持っているという

モードのややこしくも面白いところであります。

 

コードのお話はまた別の機会にまとめてしますので、それでは!

 

 

サティ ピアノ作品集 第1巻 (zen-on piano library)

サティ ピアノ作品集 第1巻 (zen-on piano library)

 

 

bosatstan.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】