読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興ピアノで自由になる

〜楽譜から即興へ〜 即興ピアノラボ

【コード攻略】シックス

ここから、各論に入ります。6 シックス の和音です。

クラシックだと付加6と呼びます。

 

その名の通り6の音がくっ付いているだけなんですね。

コードネームなど全般に言えることですが、意外としくみは単純・・。

 

 

代表的な二つを取り上げましょう。

 

シーシックス

C6      ド ミ ソ 

   1      3     5      6

 

シーマイナーシックス

Cm6    ド ミ♭ ソ 

             1    3♭   5      6

 

ぼやっとしたぼかしのような効果が得られるコードです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

 

C6の第3展開形は Am7 になってしまいます。→  ド ミ ソ

                        6      1     3     5

 

「え、構成音同じじゃね?」と僕は習った当時思いましたが。

 

同じく、Cm6 は展開するとAm7(-5)とも読めます。

 

視点とか解釈の違いによって変わります。この辺コードネームのつけ方のわりと曖昧なところでもあるのですが。

 

まさにCならCのコード上で、6度のついたサウンドを求めたい時は、この名前で表記しましょう。

 

いちいち展開形などと考えずに済むので、読んで即座に弾く場合もこちらの方が楽かもしれないですね!

 

 

今回はこんな感じで、6というそれほど多用されないけど、時々出てくる地味目のコードについて解説しました。

 

 

【スポンサーリンク】