読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

- bosats のピアノラボ -

セッションで持ち帰るもの

怨念

 

ほぼ初見でセッションに出て、ミスが多かったりすると

 

 

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ ってなりますね!

 

僕は、何が一番引っかかるって左手ヴォイシング問題ですよ。コードをちゃんと把握してないと確実にここでつまずきます。

 

ちくしょう、ちくしょう!何であんなにミスしたんだ。。

とか予習しておけばよかったという後悔というより、怨念(笑)でここまで続いてるといっても過言ではないかもしれません(僕の場合)。ジタバタしますわね・・。

 

 

ここまで怨念が働くのは、音楽に関してだけですね。ビリヤードとか卓球でミスしても悔しくないもんね・・。(なぜそのセレクトかは置いといて)

 

 

いい時もある

 

いいもの、よかった楽しかった。充実していたという気持ちを持ち帰る時ももちろんあります。調子も最高にハマった!幸先いい!フォーって時もね。たまにはね・・。

 

でもミスとか残念感、うまくいかない感じから得るものはかなり大きいですよね。

 

「コンプレックスをバネにして!」とかそういうのができるタイプではないのですが、それでもミスは偉大です。

 

 

それこそ、脱力というか、「ああこれでもいいんだ。とりあえずは」と思わせてくれる。力みが取れるのです。

 

ミスしようが何しようが、これが自分の現状なんだ。ここにいながらにして、できることを考えようというふうに、だんだんなっていけるというのが。まあなんつうか、醍醐味っていうか。

 

それも含めていいもの持ち帰ってるんですよ。とでも言うしかないですよ(笑)!

 

 

bosatstan.hatenablog.com

 

bosatstan.hatenablog.com

【スポンサーリンク】