読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興ピアノで自由になる

〜楽譜から即興へ〜 即興ピアノラボ

バッハ - 平均律はロックマン方式で攻める!

楽譜無双

平均律はエクササイズ本

 

バッハ - 『平均律クラヴィーア曲集』は即興・作曲全般にも役立ちます。

 

内声の扱い、対位法といったアレンジ・作曲のアイデアの宝庫。

その上24の調で書かれています。

プレリュード・フーガの組みになっているので×2で、48曲。

 

この楽譜は元々バッハ自身の弟子のためのエクササイズ本です。

 

なので、当時の『演奏能力開発エクササイズ』のようなもの😄

 

 

だがしかし、とっかかりが難しいのです。なにせ分量が多いし、黒鍵も多いし、

左右の手が分離して動くし、めんどくさいし。。

 

 

ロックマン方式とは

 

初期ロックマン(1987)を例に出すことですでに歳がばれるんですが(笑)

CAPCOM制作のアクションゲームです。ファミリーコンピュータの名作。

 

孫子の兵法に〝勝ちやすきに勝つ〟という言葉がありますが、この考え方で楽に進みます。

 

 

ここでは僕が子供の頃やっていたロックマン2(1988)の攻略動画を貼っておきますね。(たかまる〜!)

 

www.youtube.com

 

最初ロックマン素の状態で、特別な武器を持っていない。なので、勝ちやすい相手から倒していくのが定石なのですよ。

 

そうすると相手の能力を吸収して強さが増す・・と。

 

この動画の場合、メタルマン➡︎フラッシュマン➡︎ウッドマン・・・というルートでクリアしていますが、

僕は違ったルートでクリアしていました(どんなルートかちゃんと覚えてないけど)。

 

そう、個々人で得意な攻略ルートが違うのです。

 

 

バッハに話を戻すと

 

平均律をマスターしていくルートもそれぞれ違います。比較的簡単なプレリュードばっかり弾いていくもよし。端っこから一曲ずつやっていくもよし。

 

要は弾きやすい曲から弾いていき、力をつけて他の曲も弾けるようになっていくと。

こちらも個々人で得意な攻略ルートが違います。

 

 

はい、えーとですね。そんな感じでバッハ能力開発の考え方でした。

燃えて語り始めたにしては、そんな大した話じゃないな・・。

 

 

バッハ 平均律クラヴィーア曲集(1) 原典版 (Zenーon piano library)

バッハ 平均律クラヴィーア曲集(1) 原典版 (Zenーon piano library)

 

 

 

バッハ集 1 新版 (1) (世界音楽全集ピアノ篇)

バッハ集 1 新版 (1) (世界音楽全集ピアノ篇)

 

 

【スポンサーリンク】