読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day coming

〜 bosats のピアノラボ〜

南波志帆 - こどなの階段(2011)

 

作詞は Base Ball Bear の小出祐介。作曲はサカナクションの山口一郎。

 

タワレコ限定版をなぜか持っていて、それで聴いています。

 

⇩とりあえず0:28くらいからのシンセのリフ テトテトテトテ♪ を覚えておいてください!

www.youtube.com

 

今年の頭、彼女のレーベル設立ライブを見てきました。

「物販がうまくいかないと食いっぱぐれる」的発言をしていて笑いました。

 

物販は南波さん本人が立ってたっぽいのですが、面と向かうのが、恥ずかしいので行かずに帰りました😅

 

事務所がなんとかしてくれる保証のある時代ではないので、
自立して稼いで行かなきゃいけない大変さが伝わってきました。

 

 

迫るネギヲタ 地獄の軍団


イベントに Negicco が一緒に出ていたのでファンのおっさん熱が激しく燃えたぎっており、年齢層高かった!ネギのペンライト持った地獄の軍団がさぁ!

 

⇩参照

www.oricon.co.jp

 


「人生に実りがないお前ら。アイドルにすがってるんじゃない!」と毒づいていたら
一緒に行った人に「いや、これでアイドルに会えて幸せだから実りはあるんだよ」と

大人のたしなめられ方をしました(笑)

 


それで変な菌をもらってきて、今年前半の不明熱ですよ。

 

YMOヲタ

 

それはいいや、曲ね。

シンセのつなぎ部分のリフで、思い出すのがハイスクールララバイですね。

作曲 細野晴臣

 

⇩ペポペポペポペ♪って部分ね。

www.youtube.com

 

だからなんだってことじゃないんだけど、、三省堂でロキノン立ち読みしてたら、山口さんも、やっぱYMOとかその周辺の文化に強い影響を受けてるみたいです。

 

気になるんですよねそういうのが。YMOヲタ(イモヲタ)は。書かずに死ねないですよね。

 

 

南波さんの話に戻すと、声が「魅惑のヘリウムボイス」って言われててすごいんでぜひぜひ、耳に目にしとくべし!とスチャダラ風の締めくくり方で。

で、僕はYMOに会いたいですよ(笑)

 

教授とだけは握手してもらったことがあります。

 

そして、いいんだよそんなことは!

南波ちゃんがいい歌歌ってるってことが伝われば、今回は。

 

 

この曲も5年前、もうすぐ6年前なわけだから

 

歴史は新たな1ページを迎えようとしている。どんどん新しい年、

新しい人物が出て来るのを感じますよね〜つって 🍵

  

 

 

こどなの階段

こどなの階段

 

 

 

bosatstan.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】