One day coming

bosats の音楽ノート

Apple製品での手軽な撮影

いまピアノ千本ノックシリーズで動画を撮っています。

 

今日試してみたのですが、iPhone(SE)とMacのソフトPhoto Booth では

 

iPhoneの方がよりクリアで良い映像が撮れました。

 

 

だがしかし、面倒さはある

 

素数などもiPhoneが上回っているらしいということはわかっていても実際試してみると、その差が分かります。

 

ただ、iPhoneはセッティングがちょっと面倒なんですよね💦

 

そしてそこから、パソコンにつないでデータを転送➡︎編集という流れになります。

 

 

Mac だと据え置きで、そのまま映像の編集などに進めるので快適です。

 

この一手間は意外に大きい。

 

その代わり、iPhoneはフォーカスで狙いもきちんとつけられて。ピアノの場合手元の動きを見せやすくなります。

 

 

一手間ありますが、そういったわけでぼくの場合、iPhoneに軍配が上がりました 😇

 

 

と、いったわけで

 

・楽に撮ってすぐに編集したい人はPhoto Boothの動画

 

・撮りたい映像の狙いがはっきりしていてる人はiPhoneの動画

 

 

という感じに理解しています。

 

 

👇これなんかも、iPhoneを自撮り棒につけて、マイクスタンドにセットし高さ調節。

グランドピアノは音量があるので、多少引き気味の位置から撮っています。

 

 

www.youtube.com