前奏曲『ベルガマスク組曲』練習記③ 〜怒りのデスロード〜

いつものやつ

 

発表とか伴奏とか責任が重い曲のときに、よくやる練習法があります。

 

単にノートに練習回数を〝正〟の字を書いてくって原始的な方法なのですが、

なぜかこの方がはかどります。

今回の曲の場合はABCDの4パートにわけて練習しています。

 数をこなす時期ですわな!

 

練習も数やるとうんざりしてくるけど、この曲はまだ大丈夫です。たぶん好きだから、

弾く前より評価上がりました。

 

 

オケ版を聴くと

 

今はオケ版をよく聴いています(カプレ編曲版)。

 

あまりいじってないくてすっきりまとまっているのと、各パートで聴き分けやすいのがよくて、オケ版がある曲は聴くと面白いです。

 

このアルバムの多くは後年、作曲者以外の人によって編曲されています。 

ハリウッド映画音楽でよくパ◯られてる元ネタというと、有名なのはストラヴィンスキーですが、古い映画40〜50年代の映画にはドビュッシーの影響も大きいなと思い。

 

でもそりゃそうだよなーヨーロッパ→アメリカエンターテイメント業界の流れは

自然なことなんだろうなと考えて、考えるより手動かせ手!ってなってます。

 

 

www.youtube.com

 

ピアノの参考音源あんまり聴いちゃうと、自然に模倣してたり、あと飽きやすいのでオケの音源があるとありがたいです✨

 

ドビュッシー:管弦楽作品集第6集

ドビュッシー:管弦楽作品集第6集

 

bosatstan.hatenablog.com

 

bosatstan.hatenablog.com