ナムカイ・ノルブ『チベット密教の瞑想法』- 記述に驚く!

原初のヨーガ

 

永沢哲訳。

 

ナムカイ・ノルブの著作日本語訳は、10年くらい前に多分数冊・・もしかしたら全部読んだかもしれない。でも当時はわかったようなわからないような感じでした。

 

この本は手放していたのを、最近再購入。

 

チベット仏教やそれ以前から連綿と伝わるゾクチェン(大究竟)についてノルブ氏の記した「原初のヨーガの道を進むー昼と夜のサイクルー」を根本テキストにした解説本です。

 

ほぼ実技本と言っていいと思います。

(対していま手に入りやすい本で、同氏『ゾクチェンのおしえ』は顕教密教・ゾクチェンの概観を知るような本)

 

夢と脳のトレーニング

 

一番びっくりしたのは、この記述。テキスト通し番号の44 昼夜の瞑想による、トレーニングの結果のパート。

 

瞑想の、「練磨の程度(をしめすしるし)は、夢を夢と自覚すること」。

 

 

昔、前頭葉にある帯状回という部位が夢のストーリーをコントロールしているとネットで読んだことがありました。(←探したけど、いま見つからない^^;)

そして不安をコントロールする部位でもあるらしいこと。

 

あ、これって脳の訓練なんだ!しかも7〜9世紀にはすでにチベットに伝わってたようだし。それが経験的にわかってたわけか・・!

 

というわけで今回えらく感動しました。

瞑想を初めてちょうど10年で、色々経験を積んできてやっと腑に落ちたので、モチベーションが上がりましたわこりゃ。

 

わりとトレーニング内容はシンプルです。

 

チベット密教の瞑想法

チベット密教の瞑想法

 

 

bosatstan.hatenablog.com