とりあえずの結論が出る

ロングスリーパー

 

検査結果は、普通の一介の在野のロングスリーパーだって。

入院日も10時間寝てたらしい。REM睡眠(夢を見ている期間)が長く、緊張しているらしいです。眠りが浅いらしい。

 

睡眠時無呼吸は軽度なので、マウスピースとかで済むレベルだそう。

 

そりゃそうだ、昔はREM期間にパニック発作起こしてたし・・。これでも良くなったもんですよ。

 

突発性過眠症などの診断が受けられないため、色々話し合いの結果。

一応 ベタナミンを処方してもらうこととなりました。

 

 

まごうことなきロングスリーパー

 

肝毒性バリ強とも言われる。この薬が選択される理由は、おそらく適応が広いことと、コストが安いことではないかと思われます。

もちろん、薬局には在庫なしで、後でもらうことに。

 

うまくはまればかなり良い結果になると思います。

単純に起きていて活動できるだけでも、十分な収穫。

 

まだ実際には飲んでないのもあり、実はそんなに期待してません(笑)

 

ブプロンでさえ、すぐにへし折って寝るし。15時間とかの大台が出ないだけいいやと思ってるんだから。

むしろ昼間うっかり寝て遅刻とかの方がダメージが大きい。

 

 飲んでること自体は言わずに、正直に睡眠記録取ってるのに、先生に「長いですねー・・」と言われたこともあります 😂 

 

こいういうタイプのドーパミン関連ものは、腰折れして効果が薄くなってから本領発揮な気もします。

(かえって不安に悪影響など、荒れた感じも減る。)

 

 しかし、昔は不眠が出たり、短く済んでたのに脳に何が起きたんだろう?

 

双極性障害を先生がしきりに疑うのもわかる気がする。季節性の過眠は特に

これと関係が深いため。

 

おれのロンスリ短くできたら大したもんだよ☝︎(長州小力風に)

ということで・・