グレン・グールドの演奏フォームを見る

聖闘士★おじさん

 

www.youtube.com

 

バッハ嫌いだった子供の頃の自分が、興味を持つようになったキッカケは

このグレン・グールドのエキセントリックな振る舞いです。

 

・ピアノ用の椅子を切る(より低い演奏姿勢を保つため)

 

・ピアノの改造(チェンバロ的な響きを求める)

 

・演奏マナーが悪い(脚を組んで弾いたりとか、プロになってからも批評家に怒られたらしい😂)

 

・早い時期からのレコーディングへの専念(観客が本人にとってノイズになるため)

 

など枚挙にいとまなし。

 

 

若くして亡くなっているので、この映像は晩年に近いんじゃないでしょうか。

(演奏曲は、バッハ  パルティータのNo.4の3曲目あたりからか? )

 

では、ちょっと演奏フォームをチェックしてみましょう。

 

・超低位置

 

・手はわりと上向きで指はそれほど曲げない

 

・背中が丸まっている(猿に戯画化された絵があったくらい)

 

 

フォームの利点

 

視点の面で、鍵盤に集中できる。

 

手が上向きで・・というのは、かなり上下動の自由が効く。鍵盤の奥行きと、手の角度も活かしやすい。速いパッセージの表現の幅も出る。

 

ピアノの蓋の開きかたを見ても、〝音の拡散〟を志向しているように思えます。

 

難点は姿勢が悪いから体にあまり良くなさそう。

肩・首・背筋に負担あり。

 

 

僕も必ずピアノ用の椅子だと最下段にセットして弾きます。

単純に体がデカいからで、さすがに椅子の脚は切らないけどね・・。