リズムの軸を作る話

師匠曰く

 

ベースマガジンだったと思いますが。

亀田誠治さん(J-Popの辣腕プロデューサーでベーシスト。 ニックネームが師匠)が、

プレイヤーとして駆け出しの頃。

 

自分のタイム感のなさを実感し、タイム感や軸の育成のために毎朝2時間、クリックを裏拍で聴きながら、スケールをひたすら弾いていたと・・。

 

記憶で書いてるため、不明瞭だと思いますが、亀田さんが表紙のベーマガのどれかに必ず載ってるはず(笑)

 

 

千里の道も足下にはじまる

 

タイム感とは、テンポやリズムキープのことを主に指します。

大きく捉えると、その人の中の時間感覚です。

 

いま、連弾のために毎日地味ーな反復練習を続けていますが、これもある意味作り。

 

ピアノ連弾の第2手は、ベースと伴奏が割り当てられていることが多いため、

曲のリズム面をひっぱる役です。

 

バンドで考えると、ドラムやベースの役割もやっているようなもの。

 

なので、その軸が崩れるとまずい・・というわけで、そこを固める練習をしています。

 

必ずしもクリックやメトロノームを使えばいいというわけでもない、最終的には自分で組み立てることになるから。

 

本番でガタガタだったら練習の甲斐がないしね。

というわけで、また地味ーな反復練習に戻ります😂

 

 

この号だった気がする↓間違えてたらごめん。

BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2009年 06月号 [雑誌]

BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2009年 06月号 [雑誌]

 

 

 

bosatstan.hatenablog.com

 

bosatstan.hatenablog.com