エヴァンスの手癖

セッションに通ってた頃。

スタンダード曲で、枯葉🍂ってよくやるのですが。

 

 

エヴァンスから覚えた手癖

 

昔、Portrait in Jazzをよく聴いていたので

ビル・エヴァンスバージョンが勝手に浮かんじゃうんですよ。

 

「ど頭ピアノから入って」と言われることが多く、するともう

タッタタララ タッタタララ タッタタラララ🎶」っていう独特の入り方を

したくなる。でもさすがにマズいので。

 

もっと分かりやすいラスト8小節だったかな(?)のメロディとコードを使って入ると。

 

ソロで順番が回ってきてもやはり、耳で聴いた感じが残ってるので

和音の平行移動とかが反射的に出る。

 

で、当時その事を話したら、ドラマーのFさんだったか・ギタリストのAさんだったか・・

「おれもそうだよ、枯葉というとあのバージョンが浮かんじゃう」と言ってた人がいてホッとしましたけど。

 

お二人とも、フォローしてくれるタイプの奏者で。すごく助かりました。

 

Fさんは「風のようなドラマー」と僕は呼んでいて、良く言う〝巧いドラマーとやるとこっちも成長する〟という言葉を体感させてくれました。

 

それまで音楽雑誌(ベースマガジンなど)にそういうことが書いてあっても、よくわからなかったけども・・。

 

あまりアイコンタクトとかも、強くしてこない。見てないのに包容力のある演奏なので、うまく引き立ててくれると。そうするとソロを弾く時、気持ちよくのれるというわけです🎹✨

 

 

採譜したものを見てみると・・

閑話休題・・

 

ビル・エヴァンスのプレイを採譜した楽譜があり。何かの参考になるかと思って買っておいたんですよ。(もういつ入手したかも覚えてない)

 

感想は「なんだこれ、ドビュッシーみたい!」でした。印象主義的とか評されてたけど、こんなに譜面のツラ構えみたいものが似てるとは。

 

左手はさすがに、編成によってはベースもいるし、バッキングをしなきゃならないので音域などの制約がでますが。

 

アウトラインは考えておくだろうけど、即興だろ・・こんなにキッチリ〝書かれた音楽〟のようになっているとは。。ちゃんと内声を動かしたりとか。

テンポが速いから、ちゃんと聴けていなかったけど。こんな丁寧な作業をしてたとは・・🤔

 

 

PORTRAIT IN JAZZ

PORTRAIT IN JAZZ