ディスカッション的診察

まあー酷いですよ。寒いし。

 

過眠大暴れ

 

過眠大暴れ、僕は萎縮・・と。過眠がメインで、僕はサブ・・と。

 

いまの担当医は年齢が近いのもあって(年下なのかな?🙄)

わりかしフランクな内容の診察。

 

医師「えーとですね、リリカは・・これはどうですか?」(これは前医から継続)

ぼく「動けるようになるっていうか。

何度もいらないと思ってやめてるんですが、その度になんかおかしいな

というふうになって。少量でも戻ってる感じです。抗てんかん作用と、抗不安作用兼ねてるので、そこがいいのかなと。」

 

医師「はーはーなるほど・・。確かにね。別に痛みとかは?」

ぼく「ないですね。」

 

医師「自分で処方しといてなんですが、レキソタンはどういう役割ですかいま?」

ぼく「パニックとかはないので、やはりこれも動けるって意味合いが大きいです。

眠気もレキソタンは色んな抗不安薬の中でも感じにくいので、フラットな感じですが、効いています。

それと、演奏に出ることなども多いので。そのときは本来の抗不安薬としての役割です。」

 

医師「うん。そうですね・・抗不安薬・・・ふらつきとかは?」

ぼく「ないですね。」

医師「いまはお若いのでいいんですけどね、年齢いくとふらつきで転倒のリスクがありますんで、整理していきましょうね。」

ぼく「あ(そういう意味でか)はい。」

 

医師「で、モディオダールなんですが・・」

ぼく「いや全然、つかめないです。多量で成功した日もあって・・その成功体験で

続けてたら、今度逆に寝ちゃうってことまであって。なかなかそれが原因で調子悪いと認めたくなくて続けてたりとか。

と同時にパキシルは前回で減らしてたんですけど、ある程度飲んでた方が、基礎を築いていた方が他が効くような気がします。」

 

医師「なるほど、うーん・・それは・・。どのくらい寝てます?」

ぼく「ここ一週間は平均とっても13時間はいくんじゃないかと思います。」

医師「その前はどうでした?」

ぼく「その前でもやはり10時間はいくかと。なので、何が起こるか分からない・・効果が逆転しちゃうってことがあって。いまむしろベタナミンに信頼を置いてるくらいです。積み重ね・・量に比例して効くし」

 

医師「うん。そうだな、ベタナミンもまだ増やせるしなぁ・・(と言ってモニターを見る)GABA セロトニン ドーパミンと大体抑制より、増やす関係のですけど、どうですか増やしたりないという感じですか?」

 

ぼく「いや、一概には言えないですけど、まあそうなのかなぁ・・。」

 

 

大体今回は、こんな感じでした。

 

 

増えてないんかーい

 

で、結果パキシルは5mgプラス。他は変わらず。

ベタナミン増えてないんかーいと思いましたが、そんなに・・。例えば10mg増えただけじゃそれほど変わらないし。

まあいいか、と思いながら帰りました。

 

モディオダールは前回と同じ200mg処方で、調子に合わせて増減させてよいですとのこと。

 

やっとこ先生と話しやすくなってきたし、先生との意思の疎通が早くなりました。