XTC - Making plans for Nigel を演奏しました🎸

がんばれおれ

 

www.youtube.com

 

これは苦労しました。ベースがないとリズムが取りにくいんですよ(んジャッジャラって、表拍がないため)

軸がなくて不安になるというかねぇ😕

 

アンプは両方Fender。 変わったことはやっておらず、薄くコーラスがかかってるくらいです。

 

 

これもリアルタイム世代ではないため、リマスタリングとかで買って聴いてました。

和訳の詞も載ってたので、これは〝ナイジェルの幸せのためにやってるんだ〟という余計なお世話についての皮肉だなと。

 

転じて、イギリス(宗主国)ナイジェリア(属国)の関係なのかな?とか思ってました。

 

それから数年後、ライブハウスに一緒に出ていた人に、XTC好きなんですと話したところ(その相手はリアルタイム世代だったのかも)「初期の頃? ああ、がんばれナイジェルとかのころね」と言われて、口には出さなかったけれど

 

「あれ邦題 〝がんばれナイジェル〟っていうんだ!だっせぇ🤣」ってなりました。

がんばれべアーズかと。そんな前向きな歌じゃないだろって。

 

低予算だけど

 

MVを見てみましょう。なんとなく全体が白っぽくて「時計仕掛けのオレンジ」を思わせる。ルドヴィコ療法みたい(つまり洗脳)。

www.youtube.com

 

アンディ・パートリッジ(ジョーカーみたいな役の人)は、自分たちのPVはもういかにも低予算て感じで全部いやだとw 例外はDear God だけだと言ってました。

でも、当時のPVってひどいの多いし、マイケル・ジャクソンとか膨大に予算がかけられるなら別だけど、これはこれで好きです。

 

 

そして、がんばれナイジェルで、もうひとつ謎が解けたことが。

Polysics - がんばれミリンダ ってそこから取ってるんだ! 

 

www.youtube.com

 

しかしこの人たちは演奏が巧いね。。 汗だくなのに演奏がレコーディング時の

ように冷静だもの。

 

 

Drums & Wires (Cd+Blu-Ray)

Drums & Wires (Cd+Blu-Ray)