鍵盤と作曲

ピアノ

 

さくらの曲が完了。で、次あの〝ドビュッシーの墓に捧ぐ〟もなんとか合格。

拍子が取りづらいけど、ほんといい曲でした。

 

フリギア旋法をうまく活かしながら、ドビュッシーリスペクトの感じも入れつつの

、独自のハーモニーの付け方もするっていう。で、なんとなくファニーというかなんというか、かわいい感じもあるんだよな・・。

 

次、シベリウス - 樅の木 をやっとります。先生のオススメ曲。

ミシェル・ルグランシェルブールの雨傘の映画音楽を思い出すコード感ですな🤔

それと、次何か一曲決めとかないと・・というところで。

 

そういえば、「シェルブールに似てますね」と言ったら、先生は「たしかにそうだね。。えっ、知ってるんだシェルブールの雨傘!」と。

だてに他大学の映画の授業に潜り込んでませんよっつて。

 

カラーコーディネートの例として必ず出てくるこの映画。

www.youtube.com

 

サッキョク

 

対位法の課題も進み、4章まで来ましたよと(全14章)。

作曲の先生は、「あれ、この本後半普通の(古典的な)対位法になっちゃうよ」とのこと。

いいんす、いいんすよ。よく分かってはいないけどいいんですw

 

で、レッスン後半はピアノで。またファリャの - 火祭りの踊り です。

火祭りにあげてやるよ🔥・・まあいいや。そこまでテクニカルじゃないけど長い!

バレエ音楽だから、ほぼ同形の曲調が2週するような作りになってます。ちょっとバリエーションあり。

カラッとしていて、バルトークとも似ているけど、バルトークが書いたらもっと陰鬱になりそう😹

 

まあそんな感じで、色々やっとります。

 

シベリウスピアノアルバム  全音ピアノライブラリー

シベリウスピアノアルバム 全音ピアノライブラリー