コードの好みって

 

英国のバンド、XTC耳コピしてると、

例えば Ten Feet Tall (1979)って曲だとサビのとこの F Em D Em

アルバム中ではこの曲だけサイケデリックっぽい。歌詞もそうです。

 

www.youtube.com

 

これってドビュッシーサラバンド(『ピアノのために』1901年←20世紀の幕開け)とか、

ああいう浮遊した。調性的ではないコード進行だなと思って。

旋法の、ドリアンにコード付けたような。↓ あと弦楽四重奏曲もこういう傾向があります。

 

 

www.youtube.com

 

 

ギターっぽい発想

 

同じような音の組み合わせが好きだから、三つ子の魂百までじゃないけど

そういうタイプの音楽に惹かれるんだなと・・単純なんですよね。

 

これはピアノよりギターの方が発想として出やすいコード進行だと思います。

ドビュッシーベーメン風舞曲とか、スペイン趣味の音楽もかなり数作っていますが

スペインはギター音楽で有名だし。東欧の音楽からも影響を受け、ジャポニズムや浮世絵も好きだったようで。

 

少し後の世代のスペインの作曲家、ファリャはドビュッシーに尊敬の念をこめて

『ドビュッシーの墓のために』っていう曲を書いてます。めっちゃファリャらしくて

ラストにちょっと引用っぽいフレーズが入って粋な作品です。

 

その辺がヨーロッパは地続きだから、影響し合うのが早いですよね。

その代わり喧嘩したら戦争にもなっちゃうんですけどね・・。

 

上のギターの方がっていうのは、コードの抑えやすさ

単純に弦楽器の方が、平行移動がしやすい楽器だから。

 

和音の平行移動はピアノの方がコードチェンジが大変ですね。

 

上のTen feet〜 は男前ベーシストのコリンさん作ですけど。

 

アンディ作のものだと、より急な転調。ジャズで言う所の、アウトフレーズ(ちょい調子っぱずれのフレーズ)。

急に難しいコード使うなど。これらも10年以上前、初めて聴いたきは「なんじゃこりゃ?でもかっこいい😎」と思ってました。

 

最初すごくびっくりしたけど、まぁ同じ世紀の最初と最後の方、同じヨーロッパ。

イギリスの階級は厳しいとはいえ・・レコードなりラジオなりで耳にしてるよな。

教会もあるしな、日本よりはは自然に触れられそうだな。。と思ったら、まあ・・そうか・・と、冷めてきてしまった😂

 

そして海外ドラマへ

 

フランスはカトリックのお国柄で、普通にコラールとか教会で聞けるそうです。

 

イギリスの音楽は好きだけれど、イギリスの社会については知らなくて。

その辺、ドラマの〝SHERLOCK〟で思い知らされました。

 

友人と見て「おれこのドラマ苦手だわ、映像がうるさくてノイズが多い」とか言ったりとか。「イギリス苦手だわ」って言うくらいに😈

 

あれその後も見続けたんですけど・・面白いけど、苦手ですね。

同じイギリスの、「トレインスポッティング」(1996)とか見た時に似てるかもな。

驚かせる仕組みとガチャガチャ感。。すかねー。

 

しかし、Mr.ベースマンのコリンさんは素直ないい曲をさらっと書くよなー🤔

 

Drums and wires