bosats 音 note

元々鍵盤弾き→ギターにハマってしまって困って学んで

懐かしの 「未来の音楽」

懐かしの Mike Ink!

 

昔〝電気グルーヴのドリルキングアワー〟ってラジオ番組で石野卓球

 

「俺の思ってた未来の音楽・・今や未来ですよ」

と言ってかけていた Mike Ink

 

Applemusicで名前が挙がったので久しぶりに聴いてみました。

その当時聴いた音源は見つからなかったので、年代が近い Polka Tracks (1996)を聴いたら良い。

 

多分宅録でトラックを作って、マスタリングだけちゃんとしたスタジオでやっているんじゃないだろうかという質感です。(音が荒い)

 

まず機材、何使ってるのか分からない。シンセで作った音をサンプリングしてリズムを組んでるのか?

 

当時定番のドラムマシン、TR-909 とか 808 の音には聞こえないです。

 

www.youtube.com

 

極端にミニマルで、音価が短いリズムが特徴です。曲によっては、スネアとスネアのリバースを使い分けて微妙なニュアンスを出したり。

 

愛聴盤の Aoki Takamasa - Parabolica (2006) を思わせるような、

青木さんは自分で音色から作ってました。

 

彼の10年前にこの路線をやってたんですね!

 

「未来の音楽」ってのは機械感・音色の無機質な感じですかね。

 

 

Polka Trax

Polka Trax

  • アーティスト:Mike Ink
  • 発売日: 1996/10/14
  • メディア: CD