bosats 音 note

ギターにハマって困って学んで

Roland のコンパクト路線

凝縮されたモデル

 

数年前からKORGが一連の Volca シリーズ を出しました。

コンパクト(ほぼ手のひらサイズ)で、相互につないで使えるリズムマシン・ベース・シンセのラインナップでした。→携帯性が利点

 

KORGはその後も logue シリーズでシンセの中では安価で質の高いものを出し続けています。

で、今回のRolandは自社の過去の遺産(枚挙にいとまなし!)を組み込み、現代版として改めて売り出すという方向に行っています。

boutique シリーズや、今回の T-8なんかもそうです。

 

T-8 TR-606 808 909  とTB-303を混ぜ合わせたような作りで、

 

公式

www.roland.com

 

KORG Volca シリーズに寄せた作りになっています。 (コンパクト・相互につないでシステムを組める点)

 

あらゆる海外の会社が特にヨーロッパ勢がTR-808 909などのクローンマシンをすごい勢いで作っている現在。本家Rolandは、モダン(?)なアプローチを取っているのが興味深いです。

音色を組み合わせる・コンパクト・使いやすさなどで凝縮された良さを売りにしているように思います。