bosats 音 note

鍵盤弾き→ギターにハマってしまって困って学んで

YMOソロ期2作。連続で上げました。

 


www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

教授本人歌唱の歌ものは少ないんですよね。

凄く好きなフロントライン-Happy End のシングルです

で、細野さんの方は Kimonos にもカバーされてるスポーツマン。

 

感想

 

今回は、ベースやドラムマシンにコンプレッサーを使わなかったんですけど。

使った方がいいですね。その方がハリのある音で録れる。

 

教授の曲はメロディが難しいんですよ。器楽的に作ってるからかな。

両曲とも、かなり音数を減らしてるんでるんですけど、ちゃんと原曲の個性

は残りますね!

 

あんまりギターで弾き語らない曲を、弾き語りしてみようとも思っているので

結構無理あるなーと思いつつも、なんとか曲の輪郭を出したいなとは思ってます。

Logicがハードを使う動機に

去年はグダグダで

昔のMacCubaseのまま作業してたんですが。

去年の・・・夏あたりだっけ、今の環境に変わってMac Bookにソフトは、Logicに思い切って変えてみました。

 

最初は覚えるのめんどくせ・・としか思って無かったんですが、流石に一年近く使っていると慣れて来る。

 

美点が色々と見えてくる

そしたら、最初からプリセットで入っている音がいいし、プラグインもよくできている。

普通ソフトを買い足して、使っていたアンプのシミュレーターなどもなしでいけるのがすごく良い点でした。

 

それと外部機器とUSBで繋げるものは、ハードウェアをLogic側で認識してくれて、そこに直接打ち込んだりできる。

これが単体で使っていたシンセや・リズムマシンなど、さらに細かく活用するきっかけとなって面白くなりました。

 

利便性は上がったうえで、MIDIで一生懸命やってた時に戻った感もある。