bosats 音 note

たわいないありきたりのくだり

『1996』トリオを聴き直す月間と言っても言い過ぎではないのだ

3人のグルーヴ

 

文字通り、1996年。中三の僕はこのアルバムを聴きまくり。友達の貸してくれたビデオ(確かフジテレビかなんかの録画)で演奏を熱心に見てました。

 

クラシックの楽器って格好いい!って思った初めてのことです。

アントニオ・カルロス・ジョビングループのジャック・モーレンパウムと

普段はクラブミュージックとか聴いてたらしい、エバートン・ネルソン。

グルーヴ無双のふたりを起用していたこともあり、すごくクールに映ったのでした。

 

その時点でスコアがなかったので、耳コピもし、

で、唯一友達でヴァイオリンが弾けるやつと一緒に遊びながら演奏しました。

(後にスコアはビデオのおまけでついてきました)

 

彼は鈴木メソッドで習っていたらしく、譜面を見るとすぐメロディを覚える🎻

 

それで出るグルーヴからしても、こりゃもうバンドだなと思い

その後ジャズのビルエヴァンストリオとかトリオものをよく聴くようになったきっかけにもなりました。

 

これがなければ、クラシックの作曲法なんか習おうなんて思ってないです✏️

高二くらいに初めて書いた曲もピアノトリオでした。

 

そして現在へ・・・

 

そしてなう。原点を見直してみるかと思って、ヤフオクでスコアも落札して。

そしたらさすがに時間も経って経験値もありますから。

当時はめちゃくちゃ難しく感じたスコアがチョロい!ちょっと寂しくもありました。刺激的に感じなくなっている・・。

 

ここ三度でハモってただけだったのか!とか、ピアノの左手こんなに簡単だったのか!

とか、ここは地球だったのか!!🐵

とか色々。

 

で、当時から好きな曲は変わらず、映画音楽系よりも本人のアルバムのために作ったものの方が比率が高いです。

 

・・・1919   美貌の青空  千のナイフ  東風  M.A.Y in the Backyard   Self Portrait  など

 

1919は、特に今弾くとストラヴィンスキーバレエ音楽のいいところを凝縮したようなコードですね。あの人もグルーヴ魔王だからね。

 

www.youtube.com

 

Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996~Complete Version [DVD]

Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996~Complete Version [DVD]

  • アーティスト:坂本龍一
  • 発売日: 2003/11/26
  • メディア: DVD
 

 

プリアンプ探訪 - ベース編

これは幅広い(故 C・W・ニコル風に)

 

ギターやベース・歌や鍵盤を録音・演奏するために音量を上げるのが本来の役割です。

今はオーディオインターフェイスや、ミキサーに最初からついていることもよくあるので。

 

無意識の間に使ってることもよくある機材。音の入り口的役割をします。

 

色んなタイプで出ており価格も1万円以下〜30万を越えるものもあります。

 

この価格帯の開きは形体や質感の好みに関わってくる要素が大きいです。

 

ベースに合ったものが必ずしもギターに合わないとかもあるので困りものです。

大くのプロが愛用しているのAvalon Design U5 がそうです。ベースは滑らかで綺麗な音で録れるのに

ギターだとちょっと浮くな・・とかってことがあります。

 

この機種は結構重いので、ちょうどギターのヘッドアンプのようにキャビネットの上に置いてステージで使ってる人をよく見かけます。

僕はベースにギラギラ感は求めてないので、真空管でありながらクリーンなこの機種も好きなのですが。

 

コンパクトエフェクター好きなので、今回はそっちの良かったものを。

まずMXRのM80、これはわりと"モコモコしてなんかスッキリしないな"と思って売却

ノイズゲートがついてるのは便利です。

 

次にTech21のプログラムのできるプリアンプ。これは"ちょっとギラギラするな"と思って不採用。(Tech21は試奏できるところも多いです)

 

 

地味であたたかい(故 C・W・ニコル風に)

 

で、今のレギュラーはこれです。

 M281 まず極めてコンパクト、ツマミの数も少なく音作りもシンプル。

音はM80よりすっきりしているように感じます。突出した何かがあるわけではない

この地味さが好きです。

 

こういう風にスラップでぶりぶりさせたい場合は、trebleは上げ目で!(ドンシャリってやつ)↓

www.youtube.com

 

いつも、Freqはど真ん中。EQの三つのツマミのtrebleとmidを少しマイナスにかたむけて使ってます。

音色面のコントロールは以下の流れです!

 

ベース本体のトーンツマミ→ プリアンプ → コンプレッサー(ハイ落ちする)→アンプ(lowmidカットとtrebleをちょいカット)

 

 このように他との相性・組み合わせによるものも大。