bosats 音 note

ギターにハマって困って学んで

考え方

弱小校マインド → ゲリラ戦マインド

弱小校ならではの 柔道をやっていた頃、こないだの東京オリンピックのようにタックル禁止とかも なかったし軽量級の人たちはみんな諸手刈り(両脚タックル)をよく使ってきたし、朽木倒し(片足タックル)もありだった。うちの部長は小内刈りから巻き込みも…

一石二鳥・・なのか? 【ギター文法】

アルペジオ課題ばかりやる理由 アルペジオの基礎練ばかりして2年・・は経ってないか。 ギター独特の覚え方として、コードのAフォームとかCフォームとかあるでしょう。 (トモ藤田さんのテキストの2巻に出てきます C D E F G A の抑えかたを移調していく) あ…

苦境を楽しむ話

伊集院さんのラジオで 昔・・時期ははっきり覚えてないけど。00年代かな。 コーナーのリスナーからのお便りで 「うちは母子家庭でお金がなく、ばあちゃんは金持ちだ。学費(給食費だったかな?)が足りないと言って多めにばあちゃんからお金をもらい、その日…

記録を忘れるな!

練習の習慣化 元々練習大嫌いで、基礎練とかもあまり続かなかったんです。 いつ聞いたか、どこで見たかっていう記憶が欠落しているのですが アーノルド・シュワルツェネガー シュワちゃんのボディビルに関する言葉として 「記録は必須だ。」っていうのがあっ…

指板の木材ってどう?

個人的にメイプル好き 昔はメイプル・アルダーしかなかったのに、今はパウ・フェローってのがあります。 何かメキシコ製品 が率先して取り入れてた印象があります。 ギターはメイプルが1番好きです。これは、スライドする時やりやすい気がするから 移動がス…

一応ね

名前の由来にもなっているので スティーリー・ダンの BodhiSattvaをね 残念ながらギターのウォルター・ベッカーさんが2017年にお亡くなりになってしまい。 ちょうど鍵盤とギターが左右に半々に分かれてパンニングされてることも多くて そこがバッキングの要…

肩の荷が降りた

肘をやったあの時から 2年前の夏。ベッドに腹這いでパソコンの画面見てて、右肘に体重かけたままになっていて、あれ?と違和感。それ以降外側の二指に痺れが出て今も消えていません。 その後ピアノやめるまでに一年かかるんですが。 もうあの時点で、「あ、…

〝小さなコード〟について

グルーピングはギターを制す 演奏能力開発〜の4かな。それの先生が小さなコードって名付けてたので、 そう呼びます。1〜3弦で作る三和音の事です。 これもヴォイシングのひとつの形。使うのが巧いのがアンディ・パートリッジ師匠です。 高音のカッティングで…

変な癖だけ残った話

ギャグ漫画ばかり読む それは、高校の時〝和声〟を習い始めたからです。 高一から習うなんて遅すぎるっていう業界(?)なので、教科書の課題前にカデンツ(ケーデンス コード進行のお決まりのパターン)弾きまくりとか。 いつも12のキーに移調しなくちゃな…

不惑も近づく

もうちょいで40歳なんですよ。 孔子曰く「四十にして惑わず」で、不惑でしょ。 惑う余裕がなくなるんじゃないかと思うんですけど 30以降は誕生日、生き延びてるのだからめでたいんですが、嬉しくはないという なんとも言えないイベントになりますね。 もの考…

ギター、ボイシングの独特さ

今回はめんどくさい話 ギターの弦は基本6本で、レギュラーチューニングにした時。 (下からE・A・G・D・B・E) 各弦のインターバルは、4度ずつ離れた下の4つの弦(6〜3弦)と、 3弦・2弦間だけイレギュラーで3度、2弦・1弦間は戻ってまた4度 同時最大発音数…

耳コピの宴-その2-

NAGISAにてを耳コピ www.youtube.com この曲好きなんですけど、譜面がないので耳コピをやってみました。 前回と同じ手順で、仮コード取って→ベース→他うわもの→コード修正という流れ 初期らしいソウルっぽいコードと、サビはスカのようなリズムを使ってます…

試験的に

最近ブログの内容が混み合ってきてるので。 分野で分けようかな、などと考えておりまして 大きく楽器で分けたり。いろんな切口があるので悩んでおります。 作曲とかアレンジというのは大きなテーマで。 言葉で書くと結構抽象的だし。 各楽器は技術面とか機材…

『ジョン・ウィック』シリーズが好き

近接格闘好きのための 最初1を見たのは数年前、山形のネットカフェ。 めちゃくちゃ面積が広いネカフェで、暇つぶしにキアヌ・リーブスでも見るか・・ くらいのローテンションで見たら、これが佳作で面白い!事故的に当たっちゃった映画。 主人公は殺し屋から…

構成を読む📚

YouTubeに上げる動画を撮るときは 数曲、候補リストを作っておいて そこから選んでいけそうなのを採用して、リズム関係が撮れたらGoです。 例えば、今フジファブリック - エイプリルが候補曲に入っています。 そしたら譜面がある場合でも、構成を大体覚える…

Logicがハードを使う動機に

去年はグダグダで 昔のMacとCubaseのまま作業してたんですが。 去年の・・・夏あたりだっけ、今の環境に変わってMac Bookにソフトは、Logicに思い切って変えてみました。 最初は覚えるのめんどくせ・・としか思って無かったんですが、流石に一年近く使ってい…

ギターの練習をはじめて大体10年

これまでの遍歴を思い出すと ・トモ藤田さんの1巻で、リズムギターの基礎的な練習 1年くらい ・2巻を見たら、スケール移調しながらの練習素材の多さに愕然! ちょっとやってすぐやめる ・リズムギターは好きなので、まあいいやと思ってファンク特化の練習に…

〝Front Line〟 耳コピ記

坂本教授の「Front Line」て曲があります。 YMOの龍一時代の曲です。 これが好きで、音拾ってみようと思ったら色々発見が。 シンセリフのパターンが結構不規則変化してたり サビに向かってだんだんパターンが切迫してっている(サイクルが短くなる)。 なの…

プリアンプ探訪 - ベース編

これは幅広い(故 C・W・ニコル風に) ギターやベース・歌や鍵盤を録音・演奏するために音量を上げるのが本来の役割です。 今はオーディオインターフェイスや、ミキサーに最初からついていることもよくあるので。 無意識の間に使ってることもよくある機材。…

ドビュッシー - ミンストレル にYMOを感じる

引き続き・・ クロード・ドビュッシー 『前奏曲集1』Ⅻ ミンストレル 装飾音が多くて拍が取りにくい! 構成的にはすっきりしているんですが。途中途中にちょい捻りが入るので その辺が弾きづらいですね。 ・和音平行移動(例のヤツ) もキーを半音変えながら…

Boss CE-2 技Craft

夢シーケンス 「あの三谷幸喜の、新作のやつさ・・香取慎吾の格好が、昔のドリフの「バカな兄弟」のいかりや長介さんに見えてしょうがないよ。それでアレだろ・・また映画撮った番宣の時の笑いを強要してくるタイプのコント。あのノリのヤツぶっ込んでくるん…

Let's Groove を巡るなんともいえない感情

複雑な気持ちになる曲 小学生のときドリカムをNHKの紅白で初めて見た時、 すぐに好きになって(3rdはなぜか父が持っていた)。 お小遣いだったか親に買ってもらってたのか覚えてないんですが 5枚目のアルバム(「決戦は金曜日」が入ってるやつ)もう激しく聴…

煉獄ミレニアム

意義が見出せないがヒーローは見出す 大好評につき(←ウソ)2000年の話いきますけど。 ニンゲン合格をテレビで初めて見た2000年は、自分にとってのヒーローを見出せた年でした。 一人はもちろん黒沢清監督。そしてこれも偶然見たUFCの試合で血まみれで闘って…

ニンゲン合格(1999)

悲劇なのか喜劇なのか分からないバランス 大学1年だった頃。夜中に3本だてで黒沢清特集をやっていました。日テレだったような気がします。実際は『回路』の宣伝用。 『cure』『ニンゲン合格』とあと一本は、相川翔さんの復讐もののVシネだった記憶あり。 そ…

大スランプ

友人の 美術個展の音楽を頼まれていて、それなりに譜面にスケッチなど書いておいたのに いざ録音となると全く進まなくなりました。 最初ピアノ曲にしようと思って書いたはいいんですが、 レコーディングどうすんのという事に。まずレコーディングスタジオで…

制作の要が変わりました

Cubase → Logicへ 15年くらいいくつかのシリーズを経てCubaseを使い続けてきました。 きっかけはクラフトワークとか、石野卓球とかテクノ界隈の人がよく使っていたから ただ、買い替えごとのコストは5〜6万円かかっていた気がします。 当初はVSTやプラグイン…

今年の前半はヒドかった

ヒドい半年とちょっとの諸々 去年の冬、さらにちょうど去年の今頃から なにかアンヘドニア(何をやっても楽しくない・興味の喪失)的な面と うつが強くなって。 どんどん辛くなってきて、去年の冬に作曲の恩師が来ている教室も休会してしまい。 不調は今年に…

ギターを弾いてから考え方が変わった

小6らいの頃、一度ギターを挫折しているのもあって。 そのコンプレックスみたいものを大学まで引きずっていました。 で大学でもちょこちょこトライしつつ、大人になってから改めてギターを始めたのですが。ある程度身についてから発想が変わった気がします。…

ミニマリズムという美学

音楽でいうところの ミニマリズムは、大体1960年代から始まります。 実験音楽的にスティーヴ・ライヒが カムアウト などを制作。 一連のモノローグを二つ用意してゆっくり音をずらす。 位相ずらしの手法(フェイズシフティング)で エフェクターのディレイ・…

【メンタル】 いい先生に当たることは幸いである

〝そっから先は専門外なんで〟感覚 三〜四年前くらい前から、過眠の時間が半端なく伸び。 そのときの先生は、その問題にあんまり向き合ってくれないと。 そのときの先生はですね。笑いのない家庭で育った美人みたい感じの人。 その前の先生は仏の様に優しく…