早速在庫が揃ったらしく

今日確認の電話をかけて取りに行き、

 

ベタナミンを飲んでみた。

 

思ってたのとちがう

 

20mg × 朝・昼の処方です。

 

こわごわピルカッターで割って、4分の1にしてみようとしてみたら潰れちゃったので

しかたなく10mgから。(錠剤が割と柔らかくモロい)

 

服用後、20分くらいで効きを実感できる。思ってたのと違う

先入観で、もっと鋭い効きかたの薬だと思っていたけれど

 

もっと緩やかなものだった。これブプロピオンより穏やかかも。

あっちの方が、よほど切り込み系である。

たぶん、こちらの元々の脳が、ドーパミンノルアドレナリン系に弱いというのもあると思う。

 

 

海外数カ国ではもう使われていない

 

とりあえずwiki

ペモリン - Wikipedia

 

英国などでは、「肝毒性のリスクが利益を上回ると判断した」ため、使われていない。

これは見方によっては、

「あまり余計なこと、派手なことをしない薬だから。いま他にも選択肢あるし・・」という判断にもとれるかと。

 

そういう余計なことをしない職人肌の薬(笑)という印象をとりあえずは受けました。

 

 

ということでここで一曲(笑)、先日亡くなったアレサ・フランクリンに捧げます

(アレサは歌詞にちょっと出てくる)。

ギターのウォルター・ベッカーも昨年亡くなりました。

 

職人肌メンバーが集まるバンドとして、玄人受けするバンドです。

ほんと全然、20〜30年変わらないんですもん。それだけ音作りやオーディオ面でも先を行っていた。

 

www.youtube.com

 

コード進行自体はよくあるパターンなのに、要所要所でコードが激ムズになるのが特徴。

 

 

ガウチョ

ガウチョ