One day coming

bosats の音楽ノート

【ベース練】ベースのトレーニングに期待していること

毎日ではないにしろ、こつこつ練習しております。ベース!


ムスタングを弾くということ


使っているのはフェンダームスタングの新しいモデルです。


ムスタングはデザインが好きで使っています。

ネックはショートスケール。小さいので心配だったのですが、意外と応用が効きます。

もともとスチューデントモデルとして作られたという逸話もありますし


フェンダー・ムスタングベース - Wikipedia


現場で大きいジャズベースなどに持ち替えて弾いても、問題なし。


ショートスケールを活かして、高い音域にサッとと移行して弾けるのも良いところです。





さて、ベースは自分のメイン楽器ではないのもあり。練習の目的がはっきりしています。



ベース練に期待すること


・リズム感とタイム感を育てる


・全体のアレンジをイメージできるようになる


・他の楽器を弾いているときも、ベースラインにより意識が行くようになる


・単なる楽しみ!



という感じです。


ほんと単に趣味という部分が大きいです😅


それでも、タイム感の面では助かってます。

セッションの時も、いろんな人と合わせながら、自分のリズムの軸ができていく感じを実感できます。


ピアノの練習で、特にクラシックの素材で一定のリズムキープを目的にしたものって少ないのです。



ベースラインを自分で作れるようになることは、それに合った他のパートのラインもイメージしやすくなります。

この辺は、アレンジ面に大きく影響してきます。



・・・まあでも結局楽しいからやってる部分が大きいですねー!



f:id:bosatstan:20170423163715j:plain


bosatstan.hatenablog.com

bosatstan.hatenablog.com