ドビュッシー - アラベスク Ⅰ - すでにオサレな浮遊感が出ている!

線の音楽

いまのN先生のところでの課題曲のひとつは、アラベスクです。

 

C・ドビュッシー 初期の有名なピアノ曲

 

ジプシーの音楽全般を アラベスクと読んでいたが、本などを見ると、ここで作曲者は線的な音の戯れを志向していたようですね。

 

で、線対線といえばやっぱりバッハ(対位法!)なので。その影響もあり。

 

当然、音の数も抑制されています。左手をアルペジオにすることで、一度に鳴る音が2声ないし3声の部分が多い。

 

ハーモニー関係

 

にやり😈としたのは、この曲。キーがE なのにAのコードで始まります。Ⅳ度の和音→

サブドミナント始まり・・坂本教授の曲によくあるんです。

 

たしか 戦メリ もそうじゃなかったかな? さすがは〝中学生のとき、自分はドビュッシーの生まれ変わりだ〟と思っていた人w

 

中期・後期のように古代の旋法・モード的な作りに目覚めていない。

にも関わらず、ドミナントⅤ度の和音 この曲だと主としてBのコード )を使っているけれど、調性回避の萌芽がありますね。

 

 

浮遊するコード

 

一番、おっ!と思ったのが、4ページ・70小節目。最初のモチーフが帰ってくる直前ですね。ベース音がちょろっと1音、レ#・ D#で(Bの和音の第一転回形)

 

はい、ドミナントですよーという感じを出しつつ(アリバイ作り?)、上で鳴ってる音は ド# ミ ソ#

 

これは瞬間的にA△7onD#のようになっていて、おいおい渋谷系かよっていうコードですねw  (この浮遊するドミナント回避は、ドビュッシーが始めたと言われているのでこっちが先祖)

 

じゃあ、曲を聴いてみますか。 01:53 あたりから モチーフBと呼んでますが

〝レファラドシラソシレファミレ〜〟っていう駆け上がるようなフレーズが好きです。

一番好きな部分かもしれない。

 

www.youtube.com

 

上記のドミナント回避は 02:52・ 53 のあたりです。ほんと、表現上もわからないように入れてますね。

 

ハーモニーや響きの面では。革命児的な人ですが、そういう書きかたの巧さも卓越してます✏️

 

線の音楽っていうことで言えば、横のつながり→連接に注目した近藤襄さんの本をアフィっておきますかw

 

 

線の音楽

線の音楽