現実逃避にいい音楽

そんなに頻繁には聴かないけど、時々聴くといい音楽。ということで

 

 

今回は、ブライアン・イーノハロルド・バッド - Ambient2: Plautex of Mirror (1980)です。

 

邦題は『鏡世界』だったっけ?

 

 

いいのいいの

 

「いいのいいの、ブライアン・イーノ!」でおなじみの

あのブライアン・イーノです(笑)

 

 

初めて買ったのは、20年近く前、確か町田か渋谷のタワレコのはず。。

 

 

嫌なことがあって、寝るときによく聴いてましたね(これが世に言う寝逃げである)

 

 

どういう環境で録ってたのかわからないのですが、質感もアナログのいいぼやけ方や飽和の仕方をしていますね。

 

 

1980年ていったらトーキングヘッズの Remain in Light とか、ブライアン・イーノ大活躍の時期ではないですか。

 

 

プロデュース作 No New York (1978)とかと対極の落ち着いた静寂の世界です。

 

 

そこは敏腕プロデューサー兼・作り手と言うこともあって、引いて見ている。

 

 

激しいものであれ、静かなものであれ。審美眼とかそれに対する判断だけ行える人物と言う気がします。

 

 

僕はイーノ関連作ってだけで、よくわからなくても聴いてました。「よくわからんけど、イーノがいいっつうんだから、そのうち分かるだろ」と言うようなスタンス。

 

 

チルアウト

 

そう言う背景抜きにしても、本当に落ち着くのにもってこいのアルバムなので、オススメです。

 

 

まさにチルアウトするための曲群。〝チルアウト〟はもっと後の90年代のアンビエントを象徴する言葉になりました。

 

 

使われている楽器もピアノをメインに、ローズ(電子ピアノ)、シンセ(地味〜な背景音として)、コーラス(本当の声かシンセで作っているのか謎)。

 

 

使う楽器も限定して全体の設計も緻密なのに、流れるようにすら聴こえますよね。

 

 

背景音としての、音楽。家具の音楽アンビエントですね。

 

 

 

ゴールデンウィークは、これ聴いて寝ましょう😪!

 

 

www.youtube.com

 

 

 

Ambient 2: Plateaux of Mirror

Ambient 2: Plateaux of Mirror

 

 

bosatstan.hatenablog.com

 

bosatstan.hatenablog.com