One day coming

bosats の音楽ノート

〝フジフレンドパーク2017〟 行ってきました

 

2マン企画  フジファブリックUnison Square Garden 

 

 

6/30  Unison を初めて見ました。結構年齢層は若い傾向でした。20代半ば中心くらい。

おしゃれかつカジュアルな人が多い。なんだ・・リア充感はやっぱあるね!

 

 

フジの山内さん(Gt.Vo)がMCで言っていたのは、同じ事務所の先輩後輩の組み合わせで、それは初の試み。なので、会社(SMA)の偉い人がたくさんきてるとのこと。

 

うまくいかないと活動できなくなるとかネタで言っていましたが(笑)

 

でも、ライブに行っているとこういう、ライブ・物販がうまくいかないと生活できなくなる発言を聴くことって多いので。ライブあるあるでもあり、冗談でもあり、

 

その実、そういう危機感て実際にあるんだろうなーなどと思いながら見てます。

 

音楽業界で、メジャーレーベルは会社のみんなで企画や制作、諸々の商品を作っているので、会社を背負っているって感覚は強いんだろうな。

 

 

ぼくはフジ目当てで見ていたので

 

 

曲目

 

「夜明けのビート」で始まって、「Suger!!」「銀河」「徒然モノクローム」「Surfer King」「虹」「LIFE」「若者のすべて」(Unison 斎藤さんと共演)など。

 

シングル曲めじろ押しの、サービス度の高い内容。

 

みんなハモりつつ演奏しつつで、器用かつ巧いなと例年通り感心し

 

Unison のギターもバッキングしてリフ弾いてソロ弾いてと、オールマイティですごく神経使うだろうなと。かなり釘付けになって見ていました!

 

3ピースバンドの性、人間椅子を見た時もパワフルだったけど、ギターはとにかく色々やらなきゃならない。

 

フジのベースの加藤さんが、Unison のベースの人に触発されて、いつもより多めに動いていたのには笑いました😂

演奏の落ち着きとかクールさが魅力の人なので、普段そんなに動かないんですよ。

 

 

そんなこんなで楽しめました🤘  いつもながら、ライブを見ると練習しようと思いますね(笑) 

 

 

www.youtube.com

 

f:id:bosatstan:20170701144620j:plain

 

 

bosatstan.hatenablog.com