最近のギター: 音色の好みはしょっちゅう揺らぐ

ハードは重いよ

 

Vox アンプはでかいので、実家の自分の部屋以外の和室に保管していたのですが

またあのタフな音が聴きたくなり、

あの30kg近いの(初期不良で返品しちゃったAC30にいたっては30kgを超える 米俵感覚)をまた移動して

 

前のDead guitar などはそっちで弾いています。input は二系統あり、初めてNormal チャンネルを使って弾きました。(EQなしかつストレート)

 

その辺は、Fender は比較的どのシリーズも軽いですわな・・。

特に、使っている Princeton は軽いっすわ。

 

だがしかし、あのVoxの暴れる感じは独特。レンジは狭いが魅力あり。

 

Fenderクリーントーンがとにかく綺麗。でもスキッとしすぎるので足元で

相当歪ませます。ディストーション大活躍。

 

Vox だとチャンネルの volume を上げるだけで自然に歪むので、

ディストーションはそこまでツマミを捻りません。(ど真ん中、時計の12時の位置くらいで充分)

 

 

足元のエフェクターは定番の並びができました

 

大体...

 

・wah → comp → tuner → Distortion → chorus → アンプ

 

場合によっては、wah をフェイザーに変えたり、ノイズが強いときは

noise gate をアンプ前に。comp前にwah などを持ってくるのは

強烈にダイナミクスの変化があるためで、それをcompである程度抑えています。

 

あとはアンプで trèmolo ・Reverb はまかなえるため、

後は時々ディレイを最後の方につないで使うくらいです。

 

これをタイプ別でまとめると大まかに

 

ダイナミクス系 →モジュレーション系 →空間系

 

という、多分そんな奇抜なことはしてない並びになっています。